第172回 ボストン・レッドソックス 上原 浩治 投手2014年02月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]芯を強く!自分の中でライバルを作る!
[2]球児へのアドバイス

 ボストン・レッドソックスの上原 浩治投手。2013年、シーズンを通して大活躍を見せ、チームやファンから絶大な信頼を得ました。その結果、MLBワールドシリーズを制した瞬間、マウンドに立っていた唯一の投手となったのです。
 そんな上原投手といえば、高校では開花しなかったものの、大学で一気に花開いた選手の1人としても有名です。その要因の一つ、高校を卒業してから一気に体がパワーアップしたというトレーニングでは、何に気を付けたのか。また、苦しい時を乗り越える考え方を教えていただきました。

芯を強く!自分の中でライバルを作る!

――2013年、ワールドシリーズを制覇。しかも胴上げ投手でした!優勝された時、どんな風景でしたか?

ボストン・レッドソックス 上原 浩治 投手

上原 浩治投手(以下「上原」) キャッチャーと抱き合って、気づいたら囲まれていたっていう感じなので。風景は覚えていないですね(笑)感情としては、『やっと終わった』という思いでいっぱいでした。

――高校時代の上原投手から見たら、どんな世界だったでしょう?

上原 高校時代は、(メジャーリーグの)イメージは、なかったですね。(もし高校時代の自分が見たら)何も言えないっていうか、驚いたっていう感じですね。

――高校を卒業してからのトレーニングで一気にパワーアップしたと伺いましたが、その時期どんなことを考えてトレーニングをしていたんでしょうか。

上原 体の基本を作るっていうことだけを考えていました。まだまだ成長段階ですし、そんなに急激に伸びると思っていなかったので。とにかくウエイトで体を、芯を強くしようとしていただけです。

――芯を強くするというのは、どういった考え方ですか?

上原 体の軸です。そこを強くする。ピラミッドでも一番下の基本的なものをきちんとしていれば、上にどんどん良いものが足されていくわけですから。それと一緒です。土台作りです。走り込みも、ウエイトトレーニングもそうですしね。

――トレーニングのやる気が起きない時にどうやってモチベーションをアップさせていますか?

上原 自分の中でライバルを作ることです。それでも、もちろん途中でやめたいという気持ちが出てきますけど、そこを妥協すると伸びなくなります。

このページのトップへ

【次のページ】 球児へのアドバイス

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

上原 浩治 (うえはら・こうじ)
上原 浩治 (うえはら・こうじ)
  • ボストン・レッドソックス
  • 経歴:東海大仰星高、大阪体育大、読売ジャイアンツ、ボルチモア・オリオールズ、テキサス・レンジャーズ、ボストン・レッドソックス
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長/体重:189cm/88kg
  • 出身地:大阪府
  • 生年月日:1975年4月3日
  • 日本代表:1997年第13回IBAFインターコンチネンタルカップ、2006年WBC、2007年北京五輪予選、2008年北京五輪
  • タイトル:最多勝2回 (1999年、2002年)
    最優秀防御率2回 (1999年、2004年)
    最多奪三振2回 (1999年、2003年)
  • 表彰:新人王 (1999年)
    沢村賞2回 (1999年、2002年)
    最優秀投手2回 (1999年、2002年)
    ベストナイン2回 (1999年、2002年)
    ゴールデングラブ賞2回 (1999年、2003年)
    最優秀バッテリー賞1回(2002年)
    最優秀バッテリー賞特別賞1回(1999年)
    日本シリーズ優秀選手賞1回(2002年)
  • MLBリーグチャンピオンシップシリーズMVP1回(2013年)
  • 【関連記事】 独占インタビュー 
    2013年2月3日公開(前編)2013年2月7日公開(後編)
    上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第937回 【大阪大会総括】混迷を極めた大阪大会を制したのは履正社!金光大阪など上位進出したチームを総括【大会展望・総括コラム】
第632回 お前たちが変わるために俺が動いた 元プロ監督の挑戦  東大阪大柏原【前編】【野球部訪問】
第942回 令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!【大会展望・総括コラム】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第45回 東海大仰星(大阪)「チームワークと打力で悲願の夏の甲子園出場へ!」【冬が僕らを強くする2019】
第232回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【後編】 「普段の細かい作業から1つの作品を作るのがバッテリーの醍醐味」 【2014年インタビュー】
第173回 読売ジャイアンツ 菅野 智之 投手 【2014年インタビュー】
第128回 ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (後編) 【2013年インタビュー】
第127回 ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (前編) 【2013年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
東海大仰星 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー