第199回 前橋育英高等学校 高橋 光成選手2014年08月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]決め球の縦スライダーは中学時代に習得
[2]記録に惑わされない思考力
[3]過去は忘れて一からスタート

 昨夏の甲子園初出場初優勝の前橋育英。その原動力となったのは、当時2年生の髙橋 光成だった。9月1日から開幕する18Uアジア選手権の代表メンバーに選ばれた高橋選手に、これまでの取り組み、昨夏の甲子園でのエピソードなどを伺い、高橋選手の素顔に迫ってみました。

決め球の縦スライダーは中学時代に習得

――身長188センチ、体重は82キロだとお聞きしました。いつごろから体が大きくなったのですか。

高橋光成選手(以下、高橋) 中学生のときです。中学へ入学したときは167センチでしたが、卒業する頃には185センチになっていました。体重は、まだ78キロぐらいでしたね。

――ご家族も身長が高いのですか。

高橋 いえ、僕だけです。父は175センチぐらい、母は160センチぐらい。姉も160センチ、弟も172センチです。

前橋育英高等学校 高橋光成 選手

――なぜひとりだけそんなに大きくなったのでしょう。

高橋 牛乳を毎日飲んでいたのがよかったのかも。食べるとき、飲み物をいつもたくさん飲んでいて、牛乳を毎日1リットルは飲んでいました。それだけが原因ではないのでしょうが、それくらいしか思い浮かびません。

――前橋育英を選んだ理由を教えてください。

高橋 中学時代の2つ上の先輩が3人いて、1つ上の先輩も1人いました。それで、もともと親しみがあったんです。実際に練習を見学にきたのですが、雰囲気がすごく明るくて。自然と、ここでやりたいなと思わせてくれるチームでした。

――昨冬での最高球速は、夏の群馬大会の決勝戦、最後の1球で記録した148キロだということですが、球速はどのような感じで上がっていったのでしょう。

高橋 中学時代は軟式野球をやっていたのですが、130キロぐらいです。高校に入学したときは135キロぐらいでした。1年夏に相当走り込んだら、その成果が1年秋に出て、144キロが出ました。

――昨夏の甲子園の初戦、岩国商戦(2013年08月12日)では、自己最多となる13奪三振をマークしました。そのとき印象的だったのが低めに制球された落ちるスライダーです。あの変化球は、いつマスターしたのですか。

高橋 中学のときです。中学時代は縦のスライダーと、カーブを投げていました。ただ、高校に入って、横に曲がるスライダーをマスターするなど、カウントや打者によって、微妙に調整できるようになりました。今は、基本的にカウントを取るときは横、三振をねらいにいくときは落ちるスライダーを投げています。

――具体的に、どのように調整するのですか。

高橋 握り方と、手首の角度を少し変える程度です。ひねり方を変えたりはしません。スライダーは握りだけ気をつけて、ストレートと同じように腕を振っています。フォークも同じですね。大事なのは、いかにストレートと同じ腕で振れるか。

――岩国商戦のあとの奪三振数は、2回戦は6個(対樟南)、3回戦は5個(対横浜)、準々決勝は10個(対常総学院。リリーフで5回を投げる)、準決勝は7個(対日大山形)、決勝戦は5個(対延岡学園)と、常総学院戦以外はさほど多くはありませんでした。最初の試合は他の試合とどこが違ったのでしょう。

高橋 周囲が三振の数を期待しているのはわかったのですが、疲れがどんどんたまっていく中で、そこを意識し過ぎると、自分で自分を追い込んでしまう。そもそもそんなに三振がたくさん取れるタイプでもないので。だから、三振の数を取るよりも、ゼロで抑えることが大事なのだと言い聞かせていました。

第10回 BFA 18Uアジア選手権

【次のページ】 記録に惑わされない思考力

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

園部 聡(そのべ・さとし)
高橋 光成(たかはし・こうな)
  • 所属:前橋育英高校
  • 学年:3年
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:188センチ/82キロ
  • 群馬県沼田市出身。沼田利根中時代は軟式野球部に所属。高校入学後は1年夏からベンチ入りし、1年秋に関東大会に出場。2年春にも関東大会に出場し、準優勝。迎えた今年の夏は初の甲子園出場を経験。1回戦の岩国商戦(2013年08月12日)に13奪三振の5安打完封。2回戦の樟南戦(2013年08月16日)でも完封勝利。3回戦の横浜2013年08月18日)には1失点完投勝利、準々決勝では6回からリリーフし、5回10奪三振の快投で、サヨナラ勝ちを呼び込むと、準決勝の日大山形戦(2013年08月21日)には1失点完投、決勝戦の延岡学園戦(2013年08月22日)には3失点完投で、前橋育英の甲子園初出場初優勝に導いた。
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1026回 群馬の「2強時代」に終止符を。桐生第一はこの夏、強豪の矜持を取り戻す【野球部訪問】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第6回 安中総合(群馬)「健大高崎、前橋育英、桐生第一を打ち破れ!」【冬が僕らを強くする2020】
第971回 共に新ユニフォームで作った新しい歴史と伝統を築いた明治神宮大会決勝【高校野球コラム】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
第719回 丸山和郁(前橋育英-明治大学)一日一歩ずつ歩んだ道程が大記録に繋がる 【2018年インタビュー】
第570回 丸山和郁(前橋育英)「日本の韋駄天、勝負の一手を決める」 【2017年インタビュー】
前橋育英vs関東一【2016年春の大会 第68回春季関東地区高等学校野球大会】
前橋育英vs青藍泰斗【2016年春の大会 第68回春季関東地区高等学校野球大会】
前橋育英vs明秀学園日立【2015年春の大会 第67回春季関東地区高等学校野球大会】
前橋育英vs高崎商【群馬県 2014年秋の大会 群馬県秋季大会】
日本vsフィリピン【第10回 BFA 18Uアジア選手権】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
前橋育英 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー