常総学院がサヨナラで4強入り プロ注目の140キロ越え3投手が登板



先発・秋本璃空(常総学院)

 常総学院vs明秀日立。金沢監督の就任後、一気に注目度が上がったこのカードが準々決勝で実現した。

 常総学院はダブルエースの1人である秋本 璃空(3年)、明秀日立はプロ注目の左腕・飯田 真渚斗(3年)が登板した。まず1点を先制したのは明秀日立だった。1回表、二死一、二塁から5番武田の左前適時打で1点を先制。3回表にも武田は右越えの適時三塁打で2店目を入れる。

 常総学院の秋本はやや調子を崩している印象。右スリークォーター気味の直球は130キロ前半で最速140キロ。120キロ前後のスライダーや100キロ前後のカーブを織り交ぜながらも投球を組み立てる。ストレートは本調子ではないが、要所で低めに集め、大量失点を許さない。

 思い通りのストレートを投げられないことに苦しんでいる感はあるが、緩急が突いた投球を見せたり、高めの釣り球を見せたと思えば、ゆるいカーブで腰砕けの空振り三振をとったりと、今まで見た中では打者を見ながら投球はできている。序盤に失点を許してしまったが、後半につかまりやすい傾向似合った秋本にとっては、投球面では成長しているといえる。この投球は田辺のリードも大きい。

「まず明秀日立さんの打線はストレートに強く、秋本のストレートでも簡単に弾き返されてしまうので、緩急をうまく使うことを意識しました。また気をつけたのは先頭打者に四球を与えないこと。そして連打を許さないこと。そのことを注意しながら、配球を気をつけましたし、本人の投球も成長が見られたと思います」

 センバツの投球。そしてセンバツ後の投球でも調子が上がらず、島田直也監督から厳しく指摘されてきた秋本。その投球はまだ島田監督からの評価は高いものではなかったが、いずれにしても、勝利に貢献できる投球を継続したいところだ。