2018年09月26日 ノーブルホームスタジアム水戸

常総学院vs水城

2018年秋の大会 茨城県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

常総学院が関東大会切符!7回コールドで水城に逆転勝ち!



菊地竜雅(常総学院)

 県大会準決勝は関東大会を決める大一番は第1シードの常総学院と第4シードの水城のカードとなった。先攻・水城の先発は背番号1の右腕・櫻井 隼人。櫻井はここまで3試合25イニングを投げて自責点1と抜群の安定感だ。後攻・常総学院は背番号10の右腕・菊地 竜雅(1年)を先発に起用した。菊地竜は2回戦の日立一で3イニングを投げて被安打1、失点0。144キロをマークして自己最速を更新した。

 試合はまず水城が先制する。
 1回表、四球のランナーを置いて二死一塁とし、4番・櫻井がカウント3ボール1ストライクから右中間芝生席中段に届く特大ホームランを放って2点を先制する。

 先制された常総学院はその裏すぐに反撃する。
 2番・菊地 壮太がショート内野安打で出塁し、盗塁で一死二塁から、3番・斉藤 勇人のサードゴロの一塁送球の間に三塁に進塁。ここでファーストからサードへの送球が暴投となり1点を返す。

 2回裏、常総学院は二死から7番・大高 優成がレフト前ヒットで一気に二塁まで到達するが、8番・菊地竜は見逃し三振に倒れる。

 3回表、水城は先頭の9番・小野瀬雄斗(1年)がセンター前ヒットで出塁し、犠打野選で一死一、二塁のチャンスを作るが、3番で高橋大河(1年)はショートゴロゲッツーに倒れる。

 4回表、水城は先頭の4番・櫻井がレフト前ヒットで出塁するが、送りバント失敗でチャンスを作れない。

 4回裏、常総学院が逆転に成功する。先頭の3番・斉藤がライトへのツーベースで出塁し、4番・菊田 拡和のショート強襲ツーベースで同点とする。さらに5番・岡野優翔のライト前で無死一、三塁から、6番・鈴木琉晟のセーフティスクイズが野選となって逆転する。さらに送って一死二、三塁とし、8番代打・中山 琉唯のレフト前2点タイムリーで5点目を挙げる。続く9番・手塚 悠が左中間ツーベースで一死二、三塁とし、1番・中妻 翔のセカンドゴロの間に6点目を挙げる。

 5回表、常総学院は2番手に背番号1の右腕・岡田 幹太を投入する。

 6回表、水城は連続四球で一死一、二塁とするが、5番・千田 大翔は空振り三振、6番・高野壱颯はショートゴロで追加点を奪えない。

 6回裏、常総学院が突き放す。 一死から7番・大高がレフト線ツーベースで出塁し、8番で中山のライト前タイムリーで7点目を挙げる。さらに送って二死二塁から、1番・中妻のレフトへのツーベースで8点目。2番・菊地壮のライトオーバーツーベースで9点目を挙げ、その差を7点とする。

【次のページ】 常総学院vs水城(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
藤代は霞ヶ浦、明秀日立を破れるのか?藤代と水城のブロックは予測困難!? 【ニュース - コラム】
第887回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【後編】【大会展望・総括コラム】
常総学院、石岡一は関東大会まで駆け上がれるのか? 【ニュース - コラム】
第886回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】【大会展望・総括コラム】
第880回 茨城の春が開幕!県大会へ進むのは?4地区の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第565回 忍耐、粘り、対応の3本の矢で茨城の夏を制する!藤代(茨城県)【後編】【野球部訪問】
第558回 丁寧に築き上げた藤代の城壁!戦いを通じて形になった堅いディフェンス【前編】【野球部訪問】
桐蔭学園vs常総学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
常総学院vs波崎柳川【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
常総学院vsつくば国際大東風【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
水城vs水戸農【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
常総学院vs霞ヶ浦【茨城県 県南選抜大会】
第162回 常総学院高等学校 内田 靖人 選手 【2013年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
常総学院 【高校別データ】
水城 【高校別データ】
第71回 秋季関東地区高等学校野球大会 茨城県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

茨城県地域応援スポンサー

茨城県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る