2018年05月06日 J:COMスタジアム土浦

常総学院vs霞ヶ浦

2018年春の大会 茨城県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

満員のスタンドでが見つめる土浦強豪校対決は、常総学院が制す



好投した先発の谷田部健太(常総学院)

 ゴールデンウィークの最終日曜日は、好天に恵まれた。そんな中、土浦市民球場が新改装となってネーミングライツでJ:comスタジアム土浦となったが、そこへ地元有力校同士が準決勝で対決することとなったため、この日は試合開始のかなり前から、多くの熱心なファンも詰めかけて、球場は満員となった。

 

 このところは県南地区だけではなく、茨城県を代表するといっても過言ではないくらいのライバル対決となっている。この両校に明秀学園日立を加えた3校で県内トップの3強を形成しているというのが現状であろうか。

 

 前の試合で明秀学園日立が勝って関東大会進出を決めているだけに、それに伍する力があるのはどっちだということを示す意味でも、また、夏を見据えてという意味からも価値ある準決勝である。

 

 初回はお互いに安打は出たもののチャンスと言うまでには至らなかったが2回、常総学院は先頭の5番大久保君が中前打で出ると、続く斉藤 勇人君が左中間を破り無死二三塁とする。ここで、慎重に1点を取りに行こうとした常総学院だったが手塚君はスクイズを失敗して一死二三塁。「直感を優先させて策を講じていった」という常総学院の佐々木力監督だが、ここは8番投手の谷田部君に打っていく指示だったが、フルカウントから左犠飛を放って常総学院が先行した。

 

 3回には1番からの好打順で二瓶君と水野君が連打。ここでたまらず霞ヶ浦の高橋祐二監督は先発の福浦君を諦めて、二番手として海野君を送り出した。その海野君に対して常総学院は4番藤川君の犠飛と大久保君の三塁打で2点を追加した。さらに4回にも、一死から四球と二瓶君の安打などで二死一二塁として、菊田君、藤川君の連打で2点を追加。

 

 6回にも2番水野君から始まり、菊田君、藤川君と3連打に、途中出場していた吽野君の中前打などで7点目を奪った。こうして、ビッグイニングを作っていくのではなくて細かく得点を重ねていくところに、常総学院のしぶとさが感じられる。

 

 何とか食い下がりたい霞ヶ浦は5回に、死球と鈴木 和樹君の安打でチャンスを作り送りバントは失敗したものの好センスの1番小儀君の左前打で満塁として、森田君の右犠飛で1点を返したものの走者が飛び出して刺されて、そこまでだった。6回も、失策と安打、四球で無死満塁を作りながら、犠飛が本塁で刺されて併殺となりチャンスが潰れた。常総学院の右翼手斉藤 勇人君の好返球も光った。

 

 そして常総学院の佐々木監督は7回、一死を取ったところで谷田部君から岡田君にスイッチ。岡田君は制球がややばらついているなと言うところがあって、四球も出していたが、球の力はあって、自身で作ったピンチを抑え込むと8、9回は3人ずつで抑えた。

 

 佐々木監督は、「チームとしての勢いを止めたらいけないと思って、バントかなという場面でも打たせていったり、というところもありました。結果として併殺になってしまったところもありましたが、1点を取りに行くのではなく2点、3点を取りに行く野球をやっていこうというところもありました」と、スタイルを模索している様子でもあった。「私も(前任の木内幸男監督を引き継いで)8年目になりますし、学校もベスト8くらいじゃ満足してくれなくなってきていますから…」と、苦笑しながらも、甲子園で上に行けるチーム作りを目指して、試行錯誤しているという、そんな感じでもあった。

 

 茨城県のこの春は、常総学院明秀学園日立という、結果としては残るべくして残った2校が関東大会進出となったといえよう。

(取材・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
甲子園中止を受けて各都道府県の高校野球連盟の対応とは? 【ニュース - コラム】
第118回 夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた【高校野球コラム】
開催を発表した茨城の代替大会の決定事項と今後の議論するテーマ 【ニュース - 高校野球関連】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 名将・木内監督から影響を受けた選手との二人三脚の重要性。2年ぶり甲子園を狙う土浦日大の課題は?【後編】【野球部訪問】
第1回 近畿の高校野球を沸かせたBIGな話題で振り返る! 2019年近畿地区の3大ニュース【近畿地区の高校野球】
健大高崎vs常総学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs霞ヶ浦【第101回全国高等学校野球選手権大会】
霞ヶ浦vs石岡一【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
常総学院vs日立商【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第322回 霞ヶ浦高等学校 綾部 翔投手「先輩たちの思いを背負いレベルアップを追求し続けた3年間」 【2015年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
霞ヶ浦 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
第70回春季関東地区高等学校野球茨城県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

茨城県地域応援スポンサー

茨城県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る