2018年04月29日 J:COMスタジアム土浦

水戸商vs水海道一

2018年春の大会 茨城県大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

タイプの異なる好投手の投げ合いは、水戸商に一日の長



水戸商エース・川澄裕音投手

 左の本格派水戸商川澄 裕音君と右下手投げで、自分のリズムを大切にしながらポンポンと放り込んでくる、やや変則タイプの水海道一・木村航大君。タイプの異なる二人の好投手がどんな試合を作っていくのか、というのが見どころだった。木村君に関しては、県内の高校野球関係者も、「水海道一に面白い投手がいるよ、あれは打ちづらい」と言う口コミでも知られていくようになった。
 ただ、この日の木村君は立ち上がりに下手からのボールが少し甘く高めに入ってしまい、そこを水戸商打線に捉えられてしまった。

 水戸商は初回、一死から安健太朗君、安 紀彦君が連打で出ると一死一二塁。4番小林 俊輔君が右中間に落として、さらに処理をややもたつく間に一塁走者も帰って2点が入った。何とかロースコアで戦いながら、何らかの形で得点して逃げ切りたいというのが、水海道一の三浦幹大監督のゲームプランだっただけに、いきなりの2失点は痛いところであろう。

 それでも、2回以降は木村君の本来のリズムが出てきて、水戸商各打者もいくらか詰まらされ気味だった。そして、何とか木村君が粘っている間に何とかしたい水海道は5回、ここまで内野安打1本に抑えられていたが、失策と9番門井一斗君のしぶとい中前打で二死一三塁とする。この場面で、水海道一は一か八かの重盗を仕掛けるが、水戸商としては「あの場面は1点を与えたとしても、アウトで流れを断っておきたかったところ」という西川将之監督の考え方と野手が一致していた。意図的に挟まれた一塁走者だったが、野手は走り出した三塁走者に気をとらわれることなく、確実に一塁走者を刺した。水海道一は何とか1点をもぎ取ったものの、流れはこれで一旦途切れることになった。

 そして6回、水戸商はやや疲れも見え始めた木村君から連続四球を選ぶと、バントで進めて一死二三塁。7番小林嵩君が遊撃内野安打で1点を追加し、続く川澄君の打球も一塁手手前で大きく跳ねて安打となり、さらに1点が入った。
 7回にも水戸商は二死二塁から、高橋 優太君が右越二塁打、続く深谷君は三塁線を破る二塁打でさらに2点。いずれも左打者だが、右へ左へと、それぞれがいい打球を放っていた、西川監督も、この連打に関しては「いい攻撃で評価できる」と称えていた。

 川澄君は8回を投げて、3安打で1失点、1四球という内容だった。球速としては球場の掲示では2回に最速139キロを表示していた。そんな川澄君に関して西川監督は、「ちょっと力んでいたかなというところはあります。球速よりも、制球を課題としていたので、制球が乱れなければ大崩れはしないはず」と、信頼は高い。181cm81kgという恵まれた体格で、中学時代は実はあまり投手としての実績はない、と言うだけに逆に伸びしろとしてはまだまだありそうだ。大きくブレイクしそうな予感も与えてくれる、この日の川澄君だった。この夏だけではなく、その先も見据えて、大いに楽しみな逸材と言ってもいいのではないだろうか。

 9回に、水戸商としては2人目の大津君を送り込んだが、二死からあと一つのアウトをなかなかとり切れず、2安打に四球と暴投で2点を与えてしまった。水海道一としては何とか一矢を報いたという形になった。
 ただ、水海道一の三浦監督は、「打てませんから、何とかして点を取ろうということで5回には仕掛けたのですが、次の1点を取り切れませんから…。みんな真面目で、よく練習するんですよ、冬の間もよく振り込んでいるはずなのですがねぇ」と、残念がったが、「やはり、力負けですかねぇ」と、最後は川澄君の力を認めていた。

 

(取材・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏4強の水戸商が辛勝 代表決定戦の2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
水戸商vs波崎【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
土浦日大が優勝を果たした茨城の夏!激戦の模様を振り返っていく! 【ニュース - コラム】
第754回 土浦日大が3強を下して優勝した茨城大会を総括!【茨城大会総括】【大会展望・総括コラム】
常総学院vs水戸商【茨城県 2018年夏の大会 第100回選手権茨城大会】
水戸商vs緑岡【茨城県 2018年夏の大会 第100回選手権茨城大会】
東洋大牛久vs藤代紫水【茨城県 2018年夏の大会 第100回選手権茨城大会】
第659回 新ライバル対決を制した常総学院は強打野球に転換。頂点を狙う投打の怪物たち【大会展望・総括コラム】
常総学院vs霞ヶ浦【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会】
第483回 初出場ながら選抜ベスト16まで進んだ 明秀日立(茨城)レギュラー陣の座談会!【野球部訪問】
第471回 明秀日立(茨城)一糸乱れぬ心と自慢の打撃で大舞台へ挑む【野球部訪問】
第54回 全国区の常総学院を霞ヶ浦や明秀日立が追い、土浦日大も復活で混戦【茨城・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
水海道一 【高校別データ】
水戸商 【高校別データ】
第70回春季関東地区高等学校野球茨城県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

茨城県地域応援スポンサー

茨城県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る