2017年04月16日 牛久市運動公園野球場

石岡一vsつくば国際大高

2017年春の大会 茨城県大会 地区予選 県南地区予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

シードの石岡一が6回コールドでつくば国際大高を下し県大会進出!



原田 大地(石岡一)

 県南地区代表決定戦でシードの石岡一が、一回戦で土浦二を6回コールドで下し勢いに乗るつくば国際大高を迎え討つ。

 先攻・つくば国際大高の先発は背番号9の左腕・福島 脩馬が、後攻・石岡一の先発は背番号1の右腕・秋山 卓也が任された。2回表、つくば国際大高は先頭の5番・酒井海音(3年、新宿シニア)がライトオーバーの三塁打で出塁する。一死三塁となり、7番・佐藤彰眞がカウント1ボール1ストライクからエンドランを成功させ1点を先制する。

 2回裏、石岡一は先頭の4番・笹目 大樹(3年、美野里中・中央選抜)がレフト前ヒット、5番・原田 大地(3年、八郷中・オール県南)がライトフェンス直撃のヒットで無死一、三塁とし、6番・深作琉偉(2年、美野里中)の犠牲フライで同点に追いつく。

 3回裏、石岡一は連打と四球で二死満塁のチャンスを作る。つくば国際大高はここでショートの守備についていた金子 朔丸(3年)をマウンドへ送る。しかし、迎える5番・原田がセンターフェンス直撃の三塁打を放ち3点。さらに6番・深作もライト前タイムリーを放ち、石岡一がその差を4点とする。

 4回表、つくば国際大高は4番・村田広員(3年、霞ヶ浦中)のヒットと死球で二死一、二塁のチャンスを作るが、7番・佐藤はキャッチャーファールフライに倒れる。

【次のページ】 石岡一vsつくば国際大高(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ちょうど1年前の3月25日の選抜甲子園 津田学園・前佑囲斗の熱投や山梨学院の24得点 【ニュース - 高校野球関連】
高校時代に甲子園や各地方大会で活躍を見せた選手の次の舞台は?!六大学や東都に進学する逸材たち! 【ニュース - 高校野球関連】
霞ヶ浦vs石岡一【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第589回 令和になっても習志野とのライバル対決を制し、甲子園へ 銚子商(千葉)【後編】【野球部訪問】
第83回 選抜出場校に欠かせない存在の女子部員 浜田芽里さん(石岡一)が追いかける甲子園と女子プロ野球選手【高校野球コラム】
第633回 好投手攻略へ、打撃力、筋力アップを遂げ、激戦・茨城を勝ち抜く!石岡一(茨城)【野球部訪問】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
第886回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】【大会展望・総括コラム】
第7回 9回二死まで完封ペース!大飛躍を予感させた岩本大地の「170球」【センバツ2019】
盛岡大附vs石岡一【第91回選抜高等学校野球大会】
第929回 センバツで150キロ出したい!夏の甲子園へ監督を連れていく岩本大地(石岡一)の覚悟【後編】 【2019年インタビュー】
第928回 地元の公立校で強豪私学を自分の手で倒したい!岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
日立一vs石岡一【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会】
つくば国際大高vs土浦一【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会 地区予選】
つくば国際大高vs藤代紫水【茨城県 2017年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
石岡一 【高校別データ】
つくば国際大高 【高校別データ】
第70回春季関東地区高等学校野球茨城県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

茨城県地域応援スポンサー

茨城県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る