水城が延長10回逆転勝ち!5番・樫村昌樹がサヨナラ打!

 水戸市内の近隣私立高校同士の対戦。先攻・水戸葵陵は背番号1の右サイド・上林 賢士郎(2年)が、後攻・水城は背番号1の左腕・中島 秀人が任された。

 3回裏、水城は9番・深谷 尚希レフト前ヒットで出塁し、進塁打で二死二塁のチャンスを作るが得点できない。

 4回表、水戸葵陵は一死から4番・和田 武志(1年)がレフト前ヒット、5番・山田航輔の左中間ツーベースで1点を先制する。さらに二死一、二塁から、8番・上林のレフト前タイムリーで1点を追加する。

 5回表、水戸葵陵は先頭の2番・久保田誠也がレフト前ヒットで出塁し、送って一死二塁から、4番・和田のレフト前タイムリーで1点を追加する。水城はここで2番手に背番号10の右腕・黒木 翔立をマウンドへ送り後続を断つ。

 3点のビハインドで迎える6回裏、水城が反撃する。

 連続四死球で一死一、二塁のチャンスから、3番・根本 拓真のセンター前タイムリーで1点。さらに4番・前島健志郎のレフトオーバーツーベースで1点を返す。なおも一死二、三塁とチャンスは続くが、5番・樫村のサードゴロは本塁タッチアウトとなり同点に追いついけない。

 7回裏、水城は先頭の8番・黒木がファーストへのセーフティバントで出塁し、9番・深谷のライト前ヒットで無死一、三塁とし、1番・笹嶋尚輝のレフト犠牲フライでついに同点に追いつく。

 8回表、水戸葵陵は6番代打・立原宗幸(1年)がライト前ヒットで出塁し、送って二死二塁とするが得点には至らない。

 8回裏、水城は先頭の3番・根本がショート内野安打で出塁し、送って二死二塁とする。

 水戸葵陵はここで2番手にショートの守備に就いていた君嶋錬をマウンドへ送る。上林はレフトの守備に就く。しかし、6番・朝倉大智(2年)にストレートの四球を与え、上林が再びマウンドに戻される。君嶋はショートへ。

 水城は二死一、二塁とし、7番・中根大樹を迎えるが、ライトフライに倒れ勝ち越し点を奪えない。

 9回表、水戸葵陵は先頭の9番・池上怜志がレフトオーバーツーベースで出塁し、内野ゴロで一死三塁のチャンスを作るが、この決定機を生かせない。

 9回裏、ピンチを切り抜けた水城は、一死から9番・深谷が内野安打で出塁し、1番・笹嶋のライト線ツーベースで本塁まで一気に突入するが、悠々タッチアウトとなる。

 10回表、水戸葵陵は一死からエラーで出塁し、送って二死二塁のチャンスを作るが、8番・幡谷武史はキャッチャーファールフライに倒れる。

 10回裏、水城は一死から4番・前島がレフトフェンス直撃のツーベースで出塁し、迎える5番・樫村のレフト前ヒットで前島が生還。水城が延長10回サヨナラ勝利を収め、8強入りを果たした。

 水城は準々決勝において、春の県大会1回戦でサヨナラ負けを喫した明秀学園日立と対戦する。

(文=伊達 康)

注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ