2016年07月17日 笠間市民球場

竜ヶ崎一vs水戸啓明

2016年夏の大会 第98回選手権茨城大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

3年前の夏開幕戦の再戦。今度は竜ヶ崎一が逆転勝利!

 第2試合は3年前の1回戦と同じカードとなった。

 先攻・竜ヶ崎一の先発は背番号1の右腕の池野辺寿弥が、後攻・水戸啓明の先発は背番号13の左腕・土井皓太(2年)が任された。

 1回表、竜ヶ崎一は先頭の水飼 肇がレフト前ヒットで出塁し、犠打と四球で一死一、二塁から、4番・辻村貴明のレフト線ツーベースで1点を先制する。なおも一死二、三塁から、5番・高橋基成(2年)のセカンドゴロの間に1点を追加する。

 先制を許した水戸啓明は1回裏、先頭の木村隆雅(2年)がレフト線ツーベースで出塁し、内野安打で二死一、二塁から、5番・森谷 慎斗のセンター前タイムリーで2点を返し同点に追いつく。

 2回表、同点に追いつかれた竜ヶ崎一が突き放す。一死から8番・池野辺がレフト前ヒットで出塁し、送って二死二塁から、1番・水飼のレフト前タイムリーで1点を勝ち越す。

 2回裏、今度は水戸啓明が猛攻を仕掛ける。3つの四球で二死満塁とすると、3番・小沼柊翔のセンター前タイムリーで同点に追いつく。さらに4番・竹本亘輝(2年)のレフト前タイムリーで2点を勝ち越す。

 4回表、竜ヶ崎一は先頭の6番・大谷颯太がレフトオーバーツーベースで出塁し、送って一死三塁のチャンスを作るが得点には至らない。

 5回表、竜ヶ崎一は先頭の1番・水飼がレフト前ヒットで出塁し送って一死二塁。水戸啓明はここで2番手に背番号19の右腕・小菅拓哉を投入する。一死二塁から、3番・道山 裕太(2年)はセンター前ヒット、4番・辻村のレフトオーバーツーベースで1点。さらに一死二、三塁から、5番・高橋のセンター前タイムリーで同点に追いつく。

 8回表、竜ヶ崎一は先頭の5番・高橋がライト前ヒットで出塁し、送って一死二塁から、7番・石川優太のライト前ポテンヒットで1点を勝ち越す。

 8回裏、水戸啓明は先頭の5番・森谷がこの日3本目となるヒットで出塁し、送って一死二塁から、7番代打・佐藤憲伸の左中間ツーベースで同点に追いつく。竜ヶ崎一はここで3番手にセンターを守っていた高橋を投入し、後続を断つ。

 9回表、水戸啓明は3番手に背番号1の左腕・大内陽平(1年)を投入する。竜ヶ崎一は先頭の1番・水飼がこの日4本目のヒットで出塁し、2番途中出場・永島和真のバント内野安打、3番・道山もバント内野安打で無死満塁とすると、4番・辻村のセンター犠牲フライで1点を勝ち越す。さらに進塁打で二塁二、三塁。水戸啓明はここで4番手に背番号11の右腕・加藤知基(2年)を送るが、6番・大谷はカウント3ボールからセンター前2点タイムリーを放ちその差を3点とする。

 3点を追う水戸啓明だが、9回裏は三者凡退に倒れ激闘に幕を閉じる。

 竜ヶ崎一は次戦、第4シード・水戸商と対戦。オールドファン垂涎のカードが実現する。

(文=伊達 康)

注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
藤代は霞ヶ浦、明秀日立を破れるのか?藤代と水城のブロックは予測困難!? 【ニュース - コラム】
第887回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【後編】【大会展望・総括コラム】
常総学院、石岡一は関東大会まで駆け上がれるのか? 【ニュース - コラム】
第886回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】【大会展望・総括コラム】
第880回 茨城の春が開幕!県大会へ進むのは?4地区の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
竜ヶ崎一vs日立工【茨城県 2018年夏の大会 第100回選手権茨城大会】
第659回 新ライバル対決を制した常総学院は強打野球に転換。頂点を狙う投打の怪物たち【大会展望・総括コラム】
竜ヶ崎一vs水戸葵陵【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会】
取手松陽vs水戸啓明【茨城県 2017年秋の大会 茨城県大会】
竜ヶ崎一vs明秀学園日立【茨城県 2017年夏の大会 第99回選手権茨城大会】
水戸啓明 【高校別データ】
竜ヶ崎一 【高校別データ】
第98回全国高等学校野球選手権茨城大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

茨城県地域応援スポンサー

茨城県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る