地力の差を見せつけ水城がコールド発進!

 茨城県大会一回戦第2試合は水城伊奈の戦い。水城の先発は左の中島 秀人。対する伊奈は片倉 智徳。両校エース同士の対戦となった。

 試合は序盤から動いた。2回裏水城は6番朝倉 大智がヒットで出塁すると7番深谷 尚希がエンドランを決め一死一、三塁のチャンスを作り、8番中島がタイムリーヒット。その後も勢いが止まらない水城は9番中根 大樹がセーフティースクイズ、1番笹嶋 尚輝がタイムリーヒットを放つなどこの回3点を先制する。

 4回には4番の前島 健志郎がレフトにソロホームランを放ち1点を追加。

 水城の先発中島は変化球で緩急をつけ、右バッターのインコースにしっかりと投込むコントロールがありテンポの良いピッチングで伊奈打線を抑える。

 一方伊奈の片倉は点を取られるも、完成度の高い投球を見せる。守備陣も堅実な守備で片倉を盛り立てる。

 水城はここまで好投した中島を4回で降板させ、10番の黒木 翔立がマウンドに上げ、三者凡退に抑え無難な立ち上がりを見せる。

 5回裏水城はヒットと四球でチャンスを作ると、二死二、三塁で6番朝倉がセンター前に弾き返し6点目をあげる。

 さらに6回には先頭の代打石井 将太郎がセンター前にヒットを打ち出塁するも、伊奈2番手五津 和希が粘りのピッチングを見せ無得点。

 そして7回水城は四球とヒットで無死満塁のチャンスで7番深谷がセカンドにゴロを打ち、ホームゲッツーを狙うキャッチャーの悪送球で7点目をあげコールドゲームとなった。

 水城の戦い方を見るとまだまだ余力を残して戦っている印象を受け、4番前島の見事なホームランは中軸の充実ぶりを感じさせた。投手陣も三投手とも試合をしっかり作れる能力があり上位進出に大きな期待が持てる。

 水城は二回戦で14日にひたちなか市民球場で第6シードの取手松陽と対戦する。

注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ