8回裏のピッチャー強襲から形勢逆転。水城が終盤に3点差をひっくり返しサヨナラ勝ち!最後は途中出場・星恵太のサヨナラスクイズ!

古田島 成龍(取手松陽)

 秋季県大会2回戦、秋季県大会初出場で初勝利を挙げ波に乗る取手松陽を第3シード・水城が迎え討つ。

 先攻・取手松陽の先発はエース右腕・古田島 成龍(1年)が、後攻・水城はエース左腕・中島 秀人(2年)だ。

 1回裏、水城は2番・朝倉 大智(1年)の四球と3番・根本 拓真(2年)のレフト前ヒットで一死一、二塁のチャンスを作るが、4番・前島 健志郎(2年)はサードゴロゲッツーに倒れる。

 2回表、取手松陽は相手のミスに乗じて1点を先制する。7番・高橋 楊(1年)が死球と盗塁で二死二塁から、9番・白石 楓貴(2年)のショートフライをショートが落球し、取手松陽が1点を先制する。
取手松陽1-0水城

 2回裏、水城は先頭の5番・深谷 尚希(2年)が四球で出塁し、二死三塁まで進めるが、8番・中島はファーストファールフライに倒れる。

 3回表、取手松陽は先頭の2番・佐藤 孔兵(2年)がライト前ヒットで出塁し、送って一死二塁から、4番・古田島のセンター前タイムリーで1点を追加する。
取手松陽2-0水城

 4回表、取手松陽は8番・國松 泰尽(2年)がセンター前ヒットで出塁し、盗塁で二死二塁とすると、1番・高須 樹(2年)は平凡なセカンドゴロは快足で内野安打(一塁到達タイム3.87秒)となりさらに1点を追加する。
取手松陽3-0水城

 6回表、取手松陽は8番・國松がセンター前ヒットで出塁し、二死一、三塁のチャンスを作るが、2番・佐藤はセンターフライに倒れる。

 6回裏、水城は先頭の4番・前島が死球、5番・深谷がエンドランで三遊間を破って無死一、二塁から送って一死二、三塁と絶好機を作る。しかし、後続は内野フライと内野ゴロに倒れて1点が遠い。

 7回表、水城は2番手に黒木 翔立(2年)をマウンドへ送り、ピンチを作るものゲッツーで凌ぐ。

 7回裏、水城は二死から2番・朝倉がライト前ヒットと盗塁で二死二塁とするが、3番・根本はセカンドゴロに倒れる。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!茨城県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会