2015年04月29日 日立市民運動公園野球場

石岡一vs多賀

2015年春の大会 茨城県春季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第3シード・石岡一が多賀を3対0で下して準決勝進出!

石岡一・先発の高崎投手

 日立市民運動公園野球場で行われた準々決勝第2試合は、第4シード・石岡一と、県北地区代表の多賀というカード。

 石岡一はここまでの2試合で3点しか取れておらず打線が湿りがちだが、投手力で守り勝ってきた。多賀は1回戦で難敵・水戸葵陵に3対1で競り勝ち、2回戦は7回コールドと投打がかみ合って勝ち上がった。

 先攻・多賀の先発は背番号1の右腕・安島 大貴(2年、北茨城常北中)。120キロくらいのストレートとスライダーを組み合わせたオーソドックスなタイプだ。
後攻・石岡一は背番号11の右腕・高崎 大幹(2年、玉造中)が先発。こちらは秋季茨城県大会準々決勝準決勝に先発を任された実戦経験豊富な投手だ。ストレートは130キロ弱くらいか。秋の準決勝明秀学園日立戦では縦のスライダーが効果を発揮していた。

 1回表、多賀は2番・小松崎 脩斗(3年、豊浦中)がセンター前ヒットで出塁するが、3番・駒木根 幹(3年、磯原中)はショートフライ。パスボールで二死二塁とするが、4番・荒川 涼(2年、台原中)はセンターフライに倒れる。

 1回裏、石岡一先頭の飯泉 拓郎の当たりは平凡なライトフライかと思われたが、ライトからの強風に押し戻されポテンヒット。飯泉は二塁に到達する。2番・濱田 虎太郎(2年、八郷中)は2回バントを失敗するがセカンドゴロでなんとか最低限の仕事をし一死三塁。3番・本多 啓直(3年、園部中)のショートゴロはランナーが還れず、4番・岩本 泰樹(3年、八郷南中)はレフトフライに倒れてチャンスを生かせない。

 2回裏、石岡一は先頭の5番・田中 悠也(3年、府中中)がライト前ヒットで出塁し、犠打と犠飛で二死三塁。8番・下田 陽太(2年、土浦二中)は死球で二死一、三塁とする。ここで石岡一が足で仕掛ける。9番・高崎の2球目に一走・下田がディレードスチール。捕手・荒川が二塁へ送球した瞬間に三走・田中がスタートを切る。一走・下田が二塁ベース手前で減速して挟まれる間に田中が生還し、石岡一が1点を先制する。(多賀0対1石岡一

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 石岡一vs多賀(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ちょうど1年前の3月25日の選抜甲子園 津田学園・前佑囲斗の熱投や山梨学院の24得点 【ニュース - 高校野球関連】
高校時代に甲子園や各地方大会で活躍を見せた選手の次の舞台は?!六大学や東都に進学する逸材たち! 【ニュース - 高校野球関連】
霞ヶ浦vs石岡一【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第589回 令和になっても習志野とのライバル対決を制し、甲子園へ 銚子商(千葉)【後編】【野球部訪問】
第83回 選抜出場校に欠かせない存在の女子部員 浜田芽里さん(石岡一)が追いかける甲子園と女子プロ野球選手【高校野球コラム】
第633回 好投手攻略へ、打撃力、筋力アップを遂げ、激戦・茨城を勝ち抜く!石岡一(茨城)【野球部訪問】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
第886回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】【大会展望・総括コラム】
第7回 9回二死まで完封ペース!大飛躍を予感させた岩本大地の「170球」【センバツ2019】
盛岡大附vs石岡一【第91回選抜高等学校野球大会】
第929回 センバツで150キロ出したい!夏の甲子園へ監督を連れていく岩本大地(石岡一)の覚悟【後編】 【2019年インタビュー】
第928回 地元の公立校で強豪私学を自分の手で倒したい!岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
日立一vs石岡一【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会】
健大高崎vs石岡一【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
石岡一vsつくば国際大高【茨城県 2017年春の大会 茨城県大会 地区予選】
石岡一 【高校別データ】
多賀 【高校別データ】
第67回春季関東地区高等学校野球茨城県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

茨城県地域応援スポンサー

茨城県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る