2012年04月30日 明石トーカロ球場(明石公園野球場)

淡路vs東洋大姫路

2012年春の大会 平成24年度春季兵庫県高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

林大地主将(東洋大姫路)

効いた立ち上がりの3得点!!

「立ち上がりの3点。結局あれが大きかったですね」。
東洋大姫路の藤田明彦監督は、思うように打線が繋がらなかった中で、唯一機能した1回の攻撃を勝因に挙げた。

相手、淡路のエース・北坂智久(3年)は、前日の関西学院戦で立ち上がりでリズムに乗って、わずか78球で完封した投手。
それだけに、「いつも言っていることですが」と1回の攻撃を最重点に置いていた。しかも先攻である。

その立ち上がり、1番の林 大地(3年)が北坂の4球目を捕えてセンター前に運んだ。続く2番の横田徹寛(3年)はストレートの四球。関学戦とは違い、リズムに乗れなかった北坂のピッチングを逃さなかった東洋打線。3番の中島 廉太(3年)がセンター前に運んであっさりと先取点を奪った。

さらに4番の片山幸春(2年)が送って1死2、3塁。打席は前日の2回戦(対龍野)の殊勲者で、この日5番抜擢された岩崎孟瑠(2年)。2ボール1ストライクからの4球目。やや高めに来たのを逃さずに振り切った。打球はレフト濵田道規(3年)の頭上を超え、二者が生還。岩崎も三塁まで陥れてこのイニング3点を奪った。

「よく打ってくれた」と1点で終わらず2点目、3点目を取れたことを讃えた藤田監督。
2回以降は北坂が立ち直り、中盤までチャンスをほとんど作れなかっただけに、「北坂君はあの回だけでしたね」と相手エースも気遣った。

 待望の追加点はグランド整備後の6回。
4番片山がこの試合2つ目となる四球を選び、1死ながら5番岩崎が送りバント。そして6番の西川大世(3年)がレフト前へタイムリーを放った。
淡路のエース北坂はさすがに疲労感が否めなくなり、川端太一監督はここで背番号11の大谷悠吾(3年)への交代を決断した。
大谷は、右サイドの変則フォームの投手。これに東洋打線はタイミングが合わず、更なる追加点を奪うことができない。

【次のページ】 淡路vs東洋大姫路(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
報徳学園が第1シード・市立西宮との接戦を制し3回戦進出!【選手権兵庫大会 14日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
上級生に負けないプレーとフレッシュさが持ち味の1年生を紹介! 【ニュース - コラム】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
第718回 3季連続優勝を狙う明石商を阻む学校は現れるのか?【大会展望・総括コラム】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第678回 甲斐野 央(東洋大)最速154km/hを誇る右腕のこだわり 【2018年インタビュー】
第6回 報徳学園が記念大会連覇中の東兵庫!昨秋2強揃う西兵庫!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第444回 市立尼崎高等学校(兵庫)「連覇目指す市立尼崎の夏」【野球部訪問】
市立尼崎vs東洋大姫路【兵庫県 2016年秋の大会 平成28年度秋季兵庫県高校野球大会】
淡路vs龍野北【兵庫県 2016年秋の大会 平成28年度秋季兵庫県高校野球大会】
東洋大姫路vs兵庫【兵庫県 2016年秋の大会 平成28年度秋季兵庫県高校野球大会】
育英vs東洋大姫路【兵庫県 2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球大会】
報徳学園vs東洋大姫路【兵庫県 2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球大会】
淡路 【高校別データ】
東洋大姫路 【高校別データ】
春季兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る