2011年04月16日 明石公園球場

三田松聖vs赤穂

2011年春の大会 平成23年度春季兵庫県高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

和田嵐(三田松聖)

攻守交代での全力疾走

 1点差を凌ぎきって、創部以来、初めて夏のシード権を獲得した三田松聖。原智徳監督は「やっとです」と笑みを見せた。
この日のゲーム。象徴的だったのが1点を先制された直後の2回だ。先頭の5番貴志海土(3年)が初球をライト前へ。さらに、6番藤原世始基(3年)、7番東知輝(1年)といずれも初球を打ち返して3連打。わずか3球で同点に追いついた。

赤穂先発の内波義裕(2年)に考える暇を与えない初球攻撃。
「いつも意識して練習している」と指揮官はストライクをドンドン振る攻撃の意図を説明する。結局このイニング3点を挙げて逆転に成功した。

ただ、「後半、疲れてきた相手投手に合わせる打撃をしてしまった」と課題も見えたゲーム。
終盤は、エース山本哲平(3年)が打たれ、1点差まで追い上げられながらも、最後まで相手に流れを渡すことはなかった。

その流れを渡さない要因としてこの春からの取り組みが大きな効果となって表れている。
攻守交代で守備につく選手に対し。ベンチで制服の選手が大きな声で叫ぶ。
『1、2、3、4・・・』
ストップウォッチを手に声を出すのは記録員として登録している和田嵐(2年)。

【次のページ】 三田松聖vs赤穂(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏甲子園4強の明石商が7回コールドで初戦突破! 【ニュース - 高校野球関連】
秋季兵庫県大会出場校が決定!【秋季兵庫地区大会・2日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第61回 赤穂(長野)「感謝の気持ちを伝え、選手それぞれが輝く夏に!」【僕らの熱い夏2019】
第942回 連覇狙う佐久長聖とノーシードの松商学園が同ブロックに!また最激戦区は第7シードブロック【大会展望・総括コラム】
第905回 上田西、松本第一、東海大諏訪が同ブロックで潰し合う!熾烈極めた春季長野県大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第899回 県内公式戦負けなしの上田西を止めるのは?長野県大会は序盤から激戦の予感!【大会展望・総括コラム】
第764回 激戦が予想される秋季長野県大会地区予選会を展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
諏訪二葉vs赤穂【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会南信予選会】
神戸国際大附vs三田松聖【兵庫県 2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球大会】
長田vs三田松聖【兵庫県 2015年秋の大会 平成27年度秋季兵庫県高校野球大会】
須磨翔風vs三田松聖【兵庫県 2015年夏の大会 第97回選手権兵庫大会】
加古川北vs三田松聖【兵庫県 2014年春の大会 平成26年度春季兵庫県高校野球大会】
赤穂 【高校別データ】
三田松聖 【高校別データ】
春季兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る