2010年07月16日 明石公園野球場

神港学園vs尼崎産

2010年夏の大会 第92回兵庫大会 2回戦

一覧へ戻る



伊藤諒介(神港学園)


神港学園、甲子園への課題

 「はらわたが煮えくりかえっている」神港学園・北原光広監督が発した一言だ。
高校通算本塁打が92にまで伸びた伊藤諒介(3年)の神港学園が登場ということで、多くのマスコミがつめかけた。その中での試合、難敵である尼崎産を7対2で破った。

 数字だけ見れば快勝。しかしイニングスコアを見てもらえればわかる通り、9回に与えた2点を北原監督は許せなかった。それもエース・前仲正志(3年)の点の取られ方。
ボール先行で入り、甘くなった所を痛打される。8回までもその予兆はあったが点差が少なく、何とか踏ん張ってきた。それが9回、点差が7点に開いた所で、悪い虫が出てしまった。
「昨日の育英の堀田(健吾)、神戸国際大附の岡本(健)は完封した。まだまだ前仲は最後の詰めが甘い」と指揮官は手厳しい。

 春以降、伊藤ら打線がクローズアップされるようになったが、元々は強打のチームではない今年神港学園。岡本や堀田という好投手と今後対戦すればかならず苦戦する。そうなればやはり投手が失点しないことが、勝利への近道だ。あまりにも不用意な9回の2失点をどう反省して立て直すか、春夏連続の甲子園へのポイントはそこに尽きるような気がする。

 とはいえ、打線は苦労していた尼崎産の変則左腕・床田悠樹(3年)を何とか攻略した。起点になったのは2番の横川駿(2年)、伊藤の前を打つ打者だ。
3回の第2打席で先制の犠牲フライを放つと、先頭で廻ってきた6回の第3打席で追加点の起点となるセンター前ヒット、8回にも先頭でヒットを放ち、4点目のホームを踏んだ。さらに9回にはダメ押しの二塁打。

 北原監督も「今日は横川と」2年生の活躍を褒め称えた。
打線の中ではどうしても3番を打つ伊藤に注目が集まる。指揮官は「今日はなかったが、伊藤が歩かされるのは覚悟している」と話す。その中でポイントに上げるのが前を打つ1番の益田久貴也(3年)と2番の横川。この2人がどんな状況を作るかで、相手サイドが伊藤にどう挑んでくるかが変わる。さらに後続の4番、5番にも影響を与える。それだけに2人の働きは重要なファクターだ。
 「松井(秀喜=現エンジェルス)が星稜時代に甲子園で歩かされた話をいつもしています」と北原監督は現3年生が生まれた1992年に起こった甲子園の出来事を反面教師に訓示している。

 「春の選抜に出られた経験は大きい。でも夏の初戦の怖さを選手たちに思い知ってほしかった」と初戦のテーマを説明した指揮官。エースと打線、次の試合で初戦の答えが出ることになるだろう。

(文=松倉 雄太




PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。