2009年07月11日 姫路球場

加古川南vs県尼崎

2009年夏の大会 第91回兵庫大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

尻上がりに良くなるエースが、投手戦を制す

 加古川南が右オーバースローの河野(コウノ) 翔平、県立尼崎がサウスポーの橋本 淳平という3年生投手対決となった開幕第2戦。序盤から主導権を取ったのは、加古川南でした。1回裏、内野のエラーからチャンスをもらい、盗塁と送りバントで1アウト3塁。ここで3番川人(カワヒト)が、センターに犠牲フライを打ち上げて、ノーヒットで1点を先制します。
続く2回裏にも、2本のヒットで1アウト1・3塁のチャンスを作ると、9番堀谷(ホリタニ)がスクイズ。加古川南が、2対0とリードを広げます。

 一方、加古川南のエース河野 翔平の立ち上がりを攻め、3回まで2ベース1本を含む4安打を放ちながら、ダブルプレーやスクイズをはずされ3塁ランナーがランダンプレーでタッチアウトになるなどのまずい攻めで、無得点に抑えられていた県立尼崎も、4回表1アウト1塁から6番杉建(スギタテ)のレフトオーバー・タイムリー2ベースで1点を返します。

 しかし、県立尼崎のエース橋本 淳平は、5回裏1アウト3塁から加古川南の3番川人に対して、痛恨のワイルドピッチ。3対1と加古川南のリードは、再び2点差になります。

 尻上がりにピッチングが良くなるタイプという加古川南のエース河野 翔平にとっては、2点のリードで十分。生命線であるアウトローの重いストレートとスライダーが決まりだし、カーブとチェンジアップのコンビネーションも良くなって、6回以降は1安打ピッチング。6回で降板した県立尼崎のエース橋本 淳平との3年生エース対決は、加古川南のエース河野(コウノ) 翔平が勝利しました。1回戦を突破した加古川南は、2回戦でシード校の明石南と対戦します。



【加古川南: 松原 隆志監督】
前向きにやると決めたことは、やり抜くという自分たちの野球が、焦りからかできていなかったが、ようやく開幕1週間前からできるようになってきた。エース河野 翔平は、立ち上がり少し不安でしたが、5回を終わって1失点だったので、尻上がりに良くなる投手だけに後半は、抑えてくれると思っていました。


【加古川南: エース河野(コウノ) 翔平投手】
今日は、ストレートが浮いてスライダーの出来も悪かった。決め球のスライダーは決まりませんでしたが、バックが良く守ってくれました。困った時のアウトロー・ストレート。投球練習では、ずっとそこばかり練習してきたので、アウトローのストレートには自信があります。2年生の昨夏は、1回戦突破後の2回戦で初登板しましたが、チームは敗れたので、次の2回戦では、エースらしくさらに良いピッチングができるよう頑張ります。

( 文=田村正浩 ) 



この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
兵庫のベスト16が確定!明石商や神戸国際大付が順当に勝ち上がる 【ニュース - 高校野球関連】
秋季兵庫県大会出場校が決定!【秋季兵庫地区大会・2日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
県立尼崎vs尼崎稲園【兵庫県 2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球 支部予選】
伊丹北vs県立尼崎【兵庫県 2015年春の大会 平成27年度春季兵庫県高校野球 支部予選】
加古川南vs姫路南【兵庫県 2009年夏の大会 第91回兵庫大会】
県立尼崎 【高校別データ】
加古川南 【高校別データ】
第91回兵庫大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る