まるで甲子園を決めたような喜び!明石商が2年ぶりの兵庫制覇!



優勝を決めガッツポーズする明石商ナイン

 決勝戦は明石商西脇工の公立校対決。最後まで見離せない名勝負となった。この勝負となったのは、やはり両チームの守備力が堅かったことが大きく影響している。

 明石商の先発は加田 悠真。この日も安定感抜群のピッチング。120キロ後半のストレート、スライダー、チェンジアップのコンビネーションで西脇工打線を抑えると、西脇工の先発・山中 勇人(1年)も6回無失点の好投。山中は球速こそ、120キロ~125キロと決して速くないのだが、良い意味で達観している投手で、無理に力勝負することなく、ローリスクのピッチングができる。100キロを割るカーブ、110キロ前後のスライダーを内外角に散らせながら投球を見立てる。自分の間合いで投げる投球ができる投手で、明石商がじわりじわりと攻めながらも焦らず投げることができる精神的な強さがある。また西脇工は内外野ともに守備が堅い。球際の強さを発揮して、6回まで0対0の好勝負を演じていた。

 そして7回裏、先に動いたのは西脇工。捕手の西山 大貴(2年)がマウンドに登る。西山は120キロ後半の速球を投げる右腕。しかし、投球術の面で、山中と比べると劣る。そこを明石商打線は逃さなかった。先頭の田渕が右前安打で出塁すると、犠打で走者を進め、3番加田が左前安打を放ち、一死一・三塁のチャンス。

 ここで西脇工は中間守備。ゲッツーを狙う姿勢である。4番右田は三ゴロ。5-4-3の併殺を狙うが、併殺崩れとなり、待望の先制点。この1点で勢いづいた明石商は、5番勝本 樹(2年)が続き、6番植本 亮太(2年)のタイムリーで2点目。なおも7番岡部にも左前適時打が出てこの回一挙3点を先制した。

 ここまで加田は8回まで無失点に抑えたが、9回表、西脇工が反撃。一死一、二塁から5番西村 隆史(2年)が左翼線を破る左翼線を抜ける二塁打を放ち、1点を返す。さらに一死二、三塁から6番江口 亘(2年)が遊ゴロ。二塁走者が挟まれる間に、三塁走者が生還。ここで明石商は挟殺プレーでミス。一死一、三塁とピンチを広げてしまった。明石商は中間守備を取り、ゲッツーも狙う守備大成。7番千石 尚史(2年)をチェンジアップで空振り三振に打ち取り、代打・村上 潤大(2年)。村上を二ゴロに打ち取り、明石商が2年ぶりの優勝を決めた。

 試合後、明石商のエース・加田は大きくガッツポーズ。そしてマウンド上で選手たちは輪になって喜びあった。まるで甲子園出場を決めたような喜び方である。近畿大会出場を決めている明石商ナインがこれほどまでに喜びをあらわしたのは、入学してから2年連続で夏の兵庫大会決勝で敗れている悔しさが大きい。自分たちの代になってからは何としても優勝したい。その思いが強く見られた試合だった。敗れた西脇工も、最後まで粘り強い姿を見せた。

(文=河嶋 宗一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ