2017年10月08日 明石トーカロ球場(明石公園第一野球場)

神港学園vs市立尼崎

2017年秋の大会 平成29年度秋季兵庫県高校野球大会 3位決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

神港学園、最後まで苦しむも1年生右腕・羽地の好リリーフで、2年ぶりの近畿大会出場!



リリーフの羽地(神港学園)

 近畿大会出場をかけた3位決定戦。まず先制したのは、神港学園。一死一塁から3番戒がスレフト越えの長打で1点を先制。さらに二死二塁から5番亀谷の中前適時打、6番齊部の中前適時打で、3点を先制する。

 しかし市立尼崎も、5番佐藤が四球で出塁し、犠打で送り、一死二塁から7番金丸のタイムリーで1点を返し、3回表には5番佐藤の犠飛で1点を返し、1点差に迫る。

 しばらくは膠着状態に。神港学園は2番手・羽地直喜(1年)が好投。右スリークォーターから常時125キロ~128キロ前後だが、威力あるストレートで、市立尼崎打線を抑え、市立尼崎の先発・竹中哲平は、前半、揃えすぎてしまうところがあり、球速も、125キロ~128キロとあまり走っていなかったが、尻上がりに調子を上げて、130キロ前後のストレート、スライダーのコンビネーションで、神港学園打線を抑える投球を見せる。

 二塁打からチャンスを作り、1番松田がきっちりと犠打で送ると、2番洞の適時打で同点に追いつく。

 7番戸倉が二塁打を打ち、ここで投手交代。右の本格派・小森 陵司(2年)を投入。8番羽幡の犠打で一死三塁となって、9番前田武斗が135キロのストレートをはじき返し、中前適時打。神港学園が勝ち越しに成功する。

 その後、市立尼崎は8回、9回も得点圏に走者を進めるも、羽地の粘りが勝り、神港学園が近畿大会出場を決めた。

 試合後、北原監督が拍手をして、選手たちをねぎらったように、粘り強い試合運びができるチーム。突出とした力を持った選手は少ない。しかし来年3月限りで退任になる北原監督のために、長く野球をやりたい。そんな意志がみられる試合だった。

 敗れた市立尼崎は1年生レギュラーが多く、これからのチーム。まだ課題は多いチームだが、その分、伸びしろがある。今回期待したい投手が2番手の小森。上背もあって、強く腕が振れるのがこの投手の魅力。この試合では最速136キロを計測。まだまだ細身だが、体が太くなる兆候が見えると、一気にボールが良くなる可能性を持っている。この試合では9回表二死までしっかりとキャッチボールをして、同点にすることを願っている姿があった。投手としての将来性は、甲子園出場時のエース・平林 弘人(佛教大)、今年のエース・辻井 亮汰より上だと感じさせるものがあった。ぜひ大化けをして、来年の兵庫を沸かせるピッチングを見せてほしい。

(文=河嶋 宗一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
兵庫のベスト16が確定!明石商や神戸国際大付が順当に勝ち上がる 【ニュース - 高校野球関連】
報徳学園、神港学園がコールド勝利で3回戦へ! 【ニュース - 高校野球関連】
第947回 【兵庫大会総括】明石商が圧巻の逆転V!公立校13校がベスト16入りと大躍進!【大会展望・総括コラム】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
神戸国際大附vs市立尼崎【兵庫県 2019年春の大会 平成31年度春季兵庫県高校野球大会】
第79回 市立尼崎(兵庫)「目標に向かって最後まで食らいついていくチームに」【冬が僕らを強くする2019】
第891回 150キロは目前。藤本竜輝が追求する「下半身主導フォーム」と「ボールの回転数」【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 兵庫ナンバーワン右腕・藤本竜輝(社)を支える「笑顔のマウンドさばき」【前編】 【2019年インタビュー】
第535回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第532回 『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢【前編】【野球部訪問】
報徳学園vs市立尼崎【兵庫県 2018年夏の大会 第100回選手権東兵庫大会】
智辯学園vs市立尼崎【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
市立尼崎vs須磨翔風【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立尼崎vs県立伊丹【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
第561回 前田 大輝(市立尼崎ー日本体育大学)「選手と同じ立ち位置で、みんなの先頭に立って進んでいく」 【2017年インタビュー】
第477回 北海道日本ハムファイターズ 宮西 尚生投手(市立尼崎出身)「超一流の中継ぎが実践する調整法」 【2016年インタビュー】
市立尼崎 【高校別データ】
神港学園 【高校別データ】
秋季兵庫県大会 阪神地区予選 【大会別データ】
秋季兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る