報徳学園、勝負に出た代走策・代打策が実る!市立西宮・山本を攻略し、ベスト4へ!

 春の春季大会でも1点差の勝負をした報徳学園市立西宮。夏でも1点差の好勝負となった。

 まず先制したのが市立西宮だった。4番禿宏保(3年)は三塁線安打。禿は、盗塁を決めると、5番高濱慎太郎(3年)の左前適時打で1点先制に成功する。だがここから報徳学園バッテリーはさすがだった。西垣 雅矢は、春と比べてストレートのスピードは目に見えて変わっておらず、常時135キロ~138キロ程度。だが、コーナーへの制球力の高さ、120キロ前後のスライダーと、打者の手元ですっと落ちる120キロ台のフォークの精度の高さは超高校級。

 縦系のフォークを精密にコントロールできる投手はそうはおらず、捕手の篠原翔太もフォークを打ち取ることをベースにリードを構成。打力ある市立西宮打線を完璧に封じ込んだ。

そして守りも素晴らしく、特に遊撃手・小園 海斗(2年)は安打性の当たりを阻止する好守備を披露。打球反応の速さ、捕球から送球までに移行する速さといい、抜群の守備力で、西垣を盛り立て、追加点を与えなかった。

打線は148キロ右腕・山本 拓実の投球の前に苦しみ、チャンスを作ってもなかなか点が奪えない。8回裏、一死から神頭 勇介が振り逃げで出塁。そこから西垣に代えて、代打・稲葉 悠(2年)。俊足の掛橋 一真(3年)が代走に送られた。稲葉が中前安打を打って、一死一、二塁。そして1番岡本 蒼(3年)が遊ゴロ。併殺のチャンス。しかし岡本が懸命に走り、セーフ。俊足の掛橋が本塁を狙い、一気に生還。報徳学園の代走策が実り、同点に追いついたのだ。

 決して打ち崩したわけではない。だが、様々な戦略を使って、1点をもぎとった報徳学園の凄みをここで見せてくれた。試合は延長戦となって、10回裏、片岡 心(3年)の三塁打でチャンスを作り、山本燎平(3年)が三塁線を破る適時打。報徳学園がサヨナラ勝ちで準決勝進出を決めた。

 同点劇、サヨナラ劇は控え選手の活躍から。篠原、小園、西垣が注目される今年の報徳学園だが、控え選手が土壇場で活躍できるのは、今年の最大の強みといえる。

 その中では流れを渡さなかった守備。特に篠原のリードは見事だった。そして打撃も素晴らしく、市立西宮・山本が投じる140キロ台のストレートに振り遅れることなく、カウントを取りに行った125キロ前後のスライダーにしっかりとタイミングを合わせ、3安打を打つ。ただ一発を打てる長打力があるだけではなく、プロ注目投手のスライダーを難なく対応してしまう技術の高さを持った捕手はそうはいない。

 次は神戸国際大附と対戦。苦しい試合になることだろう。しかしそれも総力戦、全員野球で勝ち取って見せる。

(文=河嶋 宗一

注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ
兵庫のシンデレラボーイ!報徳を追い詰めた167センチの剛腕・山本拓実(市立西宮)