神戸国際大付が投手力、機動力で須磨学園を圧倒し5回コールド!

先発・村木(須磨学園)

 昨春の近畿大会優勝チーム・神戸国際大附
 竹村 陸(現・近畿大)のような本塁打を打てる打者がいるわけではないが、機動力とミートセンスを兼ね備えた選手が揃っている。やはりその実力は県内でもずば抜けていた。

 須磨学園の先発・村木 優一(3年)も好投手だった。右上手から投げ込むストレートは常時130キロ~135キロを計測し、スライダーも120キロ中盤。フォームもワインドアップから振り被り、テークバックを大きく取って、投げ込む本格派らしい投球フォーム。
 兵庫県内でもその実力、ポテンシャルはそれなりのレベルに達している投手。なかなか打ち崩しにくい投手と感じたが、神戸国際大附が村木を攻略していく。

 まず1番敷名が四球で出塁すると、2番後藤の犠打で一死二塁とすると、3番小原の中前安打で、1点を先制すると、小原は二塁へ。4番神野の遊ゴロ失策で一死一、三塁となり、5番町田の犠飛で1点を追加。さらに二死二塁となって6番松下の適時打で3対0とする。

 さらに2回表には、一死三塁から1番敷名 丈弘(3年)の適時打、さらに盗塁を仕掛け、2番後藤 貴大(2年)の中前安打で一死一、三塁のチャンスを広げると、さらに3番小原 良大(3年)の右前適時打で5対0。そして5番町田の適時打で1点を追加。二死一、三塁から敵失で7対0とする。3回表にも一死一、三塁から2番後藤の適時打、3番小原が歩いて、一死満塁となって、4番神野虎太朗(3年)の犠飛が飛び出し、9対1とリードする。

 5回表にも妹尾克哉(3年)の適時二塁打から2点を追加し、さらに須磨学園のミスもあり、12対1とした神戸国際大附神戸国際大附の攻撃を振り返ると、とにかく走塁意識が高い。須磨学園のバッテリーの隙を見つけたのか、徹底的に走っていく。そのスピード、走塁意識は素晴らしいものがあり、クイックが速い投手、あるいは牽制が巧みな投手ではない限り、止められないスピードがある。そのスピードに須磨学園の守備陣にプレッシャーをかけたのか、守備のミスが相次いだ。

 シートノックではさばけていた打球が捕れていない。須磨学園の選手たちの精神状態が平常ではなかったように感じた。