2016年04月05日 尼崎市記念公園野球場(ベイコム野球場)

西宮南vs甲南

2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球 支部予選 阪神地区 Dブロック 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

最後に効いた4番の1発

4番・樋口健太(西宮南)

 ノーサイン野球が先制の口火を切った。

 初戦の鳴尾戦に続き西宮南の先発マウンドに上がったのは背番号11の岡稜介(3年)。

 前の試合で1失点完投している右腕だが甲南の1番・岩本寛汰(3年)を打ち取った後、2番・中村友輔(3年)に対して2球続けてカーブがホームベース手前でワンバウンドしカウントを悪くしてしまう。

 2ボールからフルカウントまで持ち込むが結局四球を与えると3番・二階堂裕基(3年)の3球目に中村友輔がスタートを切る。二階堂がライト前に弾き返すと中村は一気に三塁へ。一死一、三塁とすると4番・轟一樹(3年)が三遊間を破るレフト前ヒットを放ち1点を先制。エンドランが効いたように見える攻撃だったが、甲南の岡山毅監督は基本的にサインを出さず、ゲームメイクの大半を選手に委ねている。

 2打席目以降も四死球で全打席出塁した中村は計3度盗塁を試み、果敢に次の塁を狙う姿勢を見せた。

 先制を許したマウンド上の岡はさらに甲南の5番・浅野寛章(3年)にもライト前に運ばれ満塁とするが後続を断ち1失点で切り抜ける。

 2回、ようやくカーブでもストライクが取れるようになり三者凡退に打ち取るとその裏打線がチャンスをつかむ。先頭のキャプテン・平田孝太(3年)がレフト線へのツーベースを放つと、一死後、中井太朗(3年)の左中間へのツーバースで平田が還り試合を振り出しに戻す。さらに大山陽平(3年)もヒットで続き一死一、三塁とすると岡の放ったピッチャーの頭をワンバウンドで越えるセカンドゴロの間に三走・中井が生還。西宮南が逆転に成功した。

 続く3回には4番が仕事をする。二死走者なし、カウント3ボール1ストライクから高めのストレートを樋口健太(3年)が振りぬくとレフトポール際に鋭い打球が一閃。「1点差だったんでピッチャーを楽にしたいと思って、ストレートを狙って思いきって打てたんで良かったです」という一打は切れることなくフェンスを越えた。

【次のページ】 西宮南vs甲南(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿屋農vs甲南【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島実vs甲南【鹿児島県 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会】
【鹿児島】4回に集中打・鹿児島実 11日の8試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
甲南vs鹿児島中央【鹿児島県 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会】
加治木vs甲南【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島実、鹿児島商など実力校が揃って2回戦突破!6試合を徹底レポート!【鹿児島大会・12日】 【ニュース - 高校野球関連】
鹿屋中央vs甲南【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第89回 兵庫県立西宮南高等学校(兵庫)【僕らの熱い夏2016】
第1回 近畿地区記者・小中翔太氏が選ぶ今年のベストゲームTOP5【各地区のドットコム記者が選ぶベストゲーム】
甲南 【高校別データ】
西宮南 【高校別データ】
春季高校野球兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る