2016年04月03日 鳴尾浜臨海公園野球場

報徳学園vs関西学院

2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球 支部予選 阪神地区Aブロック 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

強豪対決、報徳学園が制す

4番・岩井基泰(関西学院)

 電光石火の速攻劇で関西学院が先制に成功した。

 初回、1番・角谷 晃志(3年)が初球を叩くと打球は報徳学園のショート・河野 翔吾(3年)のグラブを弾きセンター前へ。2番・梅本 大輔(3年)が1球で送りバントを成功させ得点圏にランナーを進める。一打先制のチャンスに3番・中原 理貴(3年)は意表を突いたセーフティバント。

 強めの打球を三遊間に転がすとショート・河野が拾っただけでどこにも投げられず、一死一、三塁。全員初球攻撃でチャンスを拡大すると4番・岩井 貴泰(3年)もやはり初球を叩く。ライト前に弾き返し、近畿屈指の好左腕、報徳学園先発の主島 大虎(3年)から4球で先制点を挙げた。

 後続を断ち追加点は避けたものの追う展開となった報徳学園は3回、主島、佐藤 直樹(3年)の連打でランナーを2人ためると3番・金丸 星磨(3年)が「自分達は秋からバッティングがダメと言われ続けて、チャンスで打てないことが多かったんで自分で決めてやるという気持ちで打席に入りました」とセンター前へ逆転の2点タイムリー。

 主島をリードする正捕手は初回のピンチにも「元々立ち上がりは悪い方。先に取られても余裕をもって行きました」と冷静に試合全体を見ていた。先制を許した主島だが2回と3回は三者凡退、4回一死からは低めいっぱいに決まるストレートでこの日初めての三振を奪う。中盤は毎回のようにランナーを背負いながらもホームは踏ませない。打線は5回に3打席連続安打を放った佐藤を4番・新免 汰晟(3年)がタイムリーツーベースで迎え入れリードを広げた。

【次のページ】 報徳学園vs関西学院(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ファームで腕を磨くドラ1ルーキー・佐藤直樹(報徳学園出身) 勝負強い打撃と俊足で1軍デビューとなるか 【ニュース - 高校野球関連】
報徳学園、筑陽学園など…4連休で敗退が決まった有力校たち【西日本編】 【ニュース - 高校野球関連】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1037回 真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは【野球部訪問】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
関西学院 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
春季高校野球兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る