2016年03月29日 滝川第二高校グラウンド

兵庫工vs舞子

2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球 支部予選 神戸地区 Dブロック 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

兵庫工、上位下位切れ目なく打線がつながり快勝!

力投を見せる(兵庫工)

  初回から点の取り合いになったこの試合。試合を制したのは兵庫工だった。
 1回表、舞子は二死二塁から4番長岡の二塁打で1点を先制。そして1回裏、兵庫工は2番谷矢の本塁打で同点に追いつき、2回裏、兵庫工は相手の敵失も絡み、2点を勝ち越す。だが舞子は4番長岡が再び適時打を放ち、3対2とする。
 しかし4回裏、兵庫工は一死一塁から9番末吉の適時三塁打で4対2と点差を広げると、6回裏には一死一、二塁から4番石川が左中間を適時二塁打で二者生還。さらに二死一、三塁から6番広手の適時打で7対2と点差を広げる。

 8回表、舞子はダブルスチールで1点を返したが、反撃はここまで。兵庫工は2番手・岸川の力投で追う舞子打線を凌ぎ、2回戦進出を果たした。

 兵庫工はとても元気が良いチーム。試合前、選手だけではなく、マネージャー、指導者もお互いハイタッチをして士気を高めている。なかなかない光景である。試合中、常に元気があった。

 また上位、下位ともに切れ目のない打線であり、今後が楽しみなチームであった。敗れた舞子も、1人1人の力量は大きな差はなかった。ちょっととしたミスを減らし、攻守ともに完成度を高めて夏へ向かってほしい。

(文=河嶋 宗一

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏甲子園4強の明石商が7回コールドで初戦突破! 【ニュース - 高校野球関連】
秋季兵庫大会の組み合わせが決定!明石商の初戦の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
舞子vs神戸高専【兵庫県 2019年 春季高校野球兵庫県大会地区予選】
第29回 兵庫工業高等学校(兵庫)【冬が僕らを強くする2018】
兵庫工 【高校別データ】
舞子 【高校別データ】
春季高校野球兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

兵庫工育英も勝つぞ横関晃汰 2016.03.29
育英戦も元気よく頑張りましょう!!

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る