2016年03月28日 尼崎市記念公園野球場(ベイコム野球場)

県立尼崎vs尼崎稲園

2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球 支部予選 阪神地区 Bブロック 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

「その前のセンターに刺されたのも痛かったし、随所でああいう子いるのが県立尼崎らしい」互いにチャンスであと1本が出ない中、大きくホームベースに近づいたのは尼崎稲園だった。4回、一死から白石が三遊間への内野安打で出塁すると寒竹 康憲(3年)がバントでランナーを得点圏に進める。

 二死二塁で打順がトップに返ると小松 尚太郎(2年)はセンター前ヒット。センターやや左寄りに飛んだ打球に三塁コーチの福元 海斗(2年)は本塁突入を指示。しかし、県立尼崎のセンター・昇 優也(3年)がバックホームするとツーバウンド送球は寸分たがわず本塁の真上に。捕手の鎌田 一成(3年)は一歩も動かず送球を受け、白石は悠々タッチアウト。

 県立尼崎は昨秋県大会に進出しており、選抜に出場した長田と接戦を演じている。チームとしての力は相手の方が上、そう認めていた尼崎稲園の内藤監督は5回、二死二塁のピンチでカウント2ボール2ストライクから県立尼崎の2番・上山 真央(2年)が2球続けてファールを打った場面で守備のタイムを取ったり、攻撃のタイムも3回全て使い切るなど手を尽くしたがあと一歩及ばず。終盤は互いに捕手がマウンドに上がるという珍しい試合は、攻守にわずかながら上回った県立尼崎に軍配が上がった。

 試合後、互いに粘りの野球で持ち味を発揮した展開に両監督は「よく踏ん張ってくれた。よくやってくれた」と口を揃えていた。公立校同士による地区大会の1回戦には、当然ながら超高校級のスラッガーも剛速球を投げ込む本格派投手もいない。その中でいかに自分達の野球をするか。甲子園では最もおもしろいと言われている準々決勝が行われていたその日に、同じく兵庫県内でこちらもまぎれもなく、“いかにも高校野球らしい試合”が行われていた。

(文=小中 翔太

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋季兵庫県大会出場校が決定!【秋季兵庫地区大会・2日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
報徳学園は激戦区へ!?春季兵庫県 地区予選の組み合わせ決定! 【ニュース - 高校野球関連】
第356回 【兵庫抽選会後 展望】明石商、報徳学園の二強は大会序盤から厳しい組み合わせに!強豪校を阻むチームの存在は?【大会展望・総括コラム】
伊丹北vs県立尼崎【兵庫県 2015年春の大会 平成27年度春季兵庫県高校野球 支部予選】
滝川第二vs尼崎稲園【兵庫県 2009年夏の大会 第91回兵庫大会】
加古川南vs県尼崎【兵庫県 2009年夏の大会 第91回兵庫大会】
尼崎稲園 【高校別データ】
県立尼崎 【高校別データ】
春季高校野球兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

県立尼崎勝つ熱血 2016.03.28
必ず勝つと信じてます。
応援いきます。

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る