2016年03月28日 尼崎市記念公園野球場(ベイコム野球場)

県立尼崎vs尼崎稲園

2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球 支部予選 阪神地区 Bブロック 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

バット引きからヒーローへ。決勝点は二死満塁からのセーフティスクイズ

決勝のセーフティスクイズを決めた酒井涼太(県立尼崎)

 1対1の同点で迎えた6回裏、県立尼崎は二死ながら満塁と絶好の勝ち越し機をつかむと粘りのピッチングで1失点に抑えていた先発・山口 直樹(3年)に代えて、酒井 涼太(3年)を代打に送る。

「局面を変えたいなと。イニング入る前にもここが勝負のイニングだぞという話をしました。勝負かけないと次のチャンス巡って来ないかな」試合の行方を左右する重大な局面で川村 亮輔監督に送り出された酒井の頭の中には一つの奇策が浮かんでいた。

 尼崎稲園の青山 翔(2年)-白石 雄暉(2年)の下級生バッテリーがストライクを取りに行った初球に意表を突くセーフティバント。勢いの死んだ絶妙な打球が三塁線に転がると三走・清水 雅貴(3年)は悠々生還、バット引きをしていた酒井の狙いが的中し待望の勝ち越し点をチームに呼び込んだ。

 酒井は控えの外野手で決して俊足というわけではない。四球と内野安打でランナーがたまっていっても代打の準備をしていたわけでもない。それでも「バット引きをしながら高いバウンドに対するサードの動きを見て出来ると思ってました。(セーフティスクイズは)打席の中で決めました」と観察眼を働かせ3回から互いに無得点と膠着状態が続いていた試合の打開に成功。

 練習試合でもバントを得意としており川村監督の「ここでやってくれたらおもしろいな。うまいこと決まりました」という期待に応えた。この攻撃を相手ベンチから見ていた尼崎稲園の内藤 敏裕監督も「先発ピッチャー代えてるのでリスクはあったと思うんです。それでも(セーフティスクイズは)あっぱれです」と称えていた。

【次のページ】 県立尼崎vs尼崎稲園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋季兵庫県大会出場校が決定!【秋季兵庫地区大会・2日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
報徳学園は激戦区へ!?春季兵庫県 地区予選の組み合わせ決定! 【ニュース - 高校野球関連】
第356回 【兵庫抽選会後 展望】明石商、報徳学園の二強は大会序盤から厳しい組み合わせに!強豪校を阻むチームの存在は?【大会展望・総括コラム】
伊丹北vs県立尼崎【兵庫県 2015年春の大会 平成27年度春季兵庫県高校野球 支部予選】
滝川第二vs尼崎稲園【兵庫県 2009年夏の大会 第91回兵庫大会】
加古川南vs県尼崎【兵庫県 2009年夏の大会 第91回兵庫大会】
尼崎稲園 【高校別データ】
県立尼崎 【高校別データ】
春季高校野球兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

県立尼崎勝つ熱血 2016.03.28
必ず勝つと信じてます。
応援いきます。

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る