科学技術が機動力で圧倒!強豪・神戸弘陵を破る!

 部員100人もいる伝統校・神戸弘陵科学技術の一戦。神戸弘陵は応援に非常に迫力があり、ほっともっとフィールド内に大きく声が響き渡っており、戦いぶりが注目されていたが、科学技術が見事な戦いを見せていた。

 科学技術は一回表、二死一、三塁から5番大野雄斗(2年)の時にダブルスチールを試み、一塁走者が挟まれる間に先制。大野は四球で出塁し、盗塁を仕掛けるなど、徹底的に走っており、このチームはスピード面をウリにするチームというのが分かった。

 そして科学技術の先発の吉崎 洋太(3年)がなかなかの右投手であった。手足が長く、ベンチ前のキャッチボールや投球練習をしていて、良い投手だなと思っていたが、実際の投球で、いきなり136キロを計測。この投手をチェックしようとすぐにメモを取り出した。大きく振りかぶって左足を上げるまでがゆったりとしており、遊撃方向へ足を伸ばし、左腕のグラブを斜めに伸ばしながら開きを抑えつつ、テイクバックをコンパクトに取ってリリースする。最速は138キロを計測したが、リリースポイントが安定せず、立ち上がりはコントロールが不安定。

 1回裏、1番谷 凌河(2年)の四球、2番吉田光輝(3年)のセーフティバントで無死一、二塁のチャンスを作ると、3番喜井力矢(3年)の犠打で一死二、三塁から4番田中輝樹(3年)の内野ゴロで同点。さらに2回裏、7番柳生大貴(3年)の三塁打、8番杉江栄賢(2年)のスクイズで勝ち越したかのように思えたが、3回表、一死二塁の5番大野の適時二塁打と敵失で勝ち越しに成功。だがその裏、一死一、二塁から4番田中の適時打で同点に追い付く。

 5回表、科学技術は5番大野が再び適時打を放ち、勝ち越しに成功する。6回裏、神戸弘陵は柳生の適時打で同点に追いつき、勝負は後半戦に持ち込まれた。

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!兵庫県の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会