2015年05月02日 明石トーカロ球場(明石公園第一野球場)

神戸国際大附vs報徳学園

2015年春の大会 平成27年度春季兵庫県高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

突きつけられた現実

厳しい表情で集まる報徳学園

 わずか3安打、得点は相手守備のエラーの間の1点だけに終わった報徳学園。「ぐうの音も出ない。完敗です」と永田裕治監督は言葉少なに語った。

 神戸国際大附が公式戦初先発の左腕・東郷 太亮(2年)で来ることは想定していたと永田監督は話す。だからこそこの1週間、その対策のための練習試合も4月29日に行っていた。ところが2回の二死二塁のチャンスを相手の好守で生かせなかった後は、完全に東郷を乗せてしまう。しかも5回まではノーヒットであった。

 ベンチ前で何度か円陣を組んで、狙う球と捨てる球を確認する。しかしそれでも6回に1番・端岡 陸(3年)、2番・波田逸平(3年)で連打を放つが精一杯だった。「高めを捨てて低めを振っていこうという話をしていましたが、高めを振らないと決めたら低めも振れなくなってしまった」と長谷寛太主将(3年)は肩を落とした。

 神戸国際大附は7回途中からエースの塩田 大河(3年)へ継投してきたが、報徳学園打線は捕えることができず、逆に9回の2失点が致命的になってしまった。

 試合後のミーティングでは首脳陣から厳しい言葉が飛ぶ。特に昨秋決勝で敗れたライバル・神戸国際大附に二度までも負けただけに、もっと悔しい気持ちを全面に出してほしいという首脳陣の思いも垣間見えるミーティングであった。それだけ、悔しさを全面に出していないと見られていたのだろう。
 もう一つ言えば、神戸国際大附の2年生・東郷に大きな自信を与えるかもしれない一戦になったということもある。そうなれば来年夏までとう長期にわたって、報徳学園は大きな敵を作ってしまったのかもしれない。

 ミーティングが終わった長谷主将は意を決して言った。「次(夏)に勝てば、2回の負けはなくなる。終わりよければすべて良しになるように、練習したい」。

 恒例となっている大型連休中の強化合宿。今年は、公式戦がまったくない状態で地獄の特訓となるであろう。


 一方、6回3分の2を投げて2安打1失点と好投した神戸国際大附の東郷は、「先頭打者をアウトにとることを意識して投げた」と初先発のテーマを話した。入学時から青木尚龍監督が期待する左腕が、ようやく頭角を現してきた感じだ。

 守備も左腕を支えた。特に2回二死二塁で後方への難しいフライをキャッチしたセカンド・妹尾克哉(2年)のファインプレーは、勝負に大きく関わった。負けゲームを勝ちに繋げた津名との3回戦を経て、確実に強くなっている印象を受ける。

 そして津名戦で打たれたエースの塩田がしっかりと抑えたことも大きい。秋春県大会連覇へ向けてあと2勝だ! 

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
開幕カードの神戸国際大附 新戦力も台頭 【ニュース - 高校野球関連】
過去5年でもトップのハイレベルな開幕戦!プロ注目投手擁する北海vs神戸国際大附の見所! 【ニュース - コラム】
第1031回 過去5年でもトップのハイレベルな開幕戦!プロ注目投手擁する北海vs神戸国際大附の見所!【大会展望・総括コラム】
第1029回 世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名【大会展望・総括コラム】
第1028回 近畿準々決勝敗退4チームの戦力が強力!今年も熾烈な近畿5枠目、6枠目の争い【大会展望・総括コラム】
第170回 145キロ&16本塁打の二刀流など近畿8強の神戸国際大附にいた逸材たち【高校野球コラム】
第1298回 145キロ右腕・阪上翔也(神戸国際大付)が語った投手として飛躍した秋【後編】 【2021年インタビュー】
第1298回 ポテンシャルは坂口以上。二刀流・阪上翔也(神戸国際大附)が痛感した高校野球のレベル【前編】 【2021年インタビュー】
第30回 強豪校がそろい踏み!2020年の「高校野球ドットコム」野球部訪問ランキングTOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
京都国際vs神戸国際大附【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
神戸国際大附vs近江【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs神戸国際大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs神戸国際大附【兵庫県 2019年夏の大会 第101回選手権兵庫大会】
神戸国際大附 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
平成27年度春季高校野球兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る