2015年05月02日 明石トーカロ球場(明石公園第一野球場)

神戸国際大附vs報徳学園

2015年春の大会 平成27年度春季兵庫県高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

突きつけられた現実

厳しい表情で集まる報徳学園

 わずか3安打、得点は相手守備のエラーの間の1点だけに終わった報徳学園。「ぐうの音も出ない。完敗です」と永田裕治監督は言葉少なに語った。

 神戸国際大附が公式戦初先発の左腕・東郷 太亮(2年)で来ることは想定していたと永田監督は話す。だからこそこの1週間、その対策のための練習試合も4月29日に行っていた。ところが2回の二死二塁のチャンスを相手の好守で生かせなかった後は、完全に東郷を乗せてしまう。しかも5回まではノーヒットであった。

 ベンチ前で何度か円陣を組んで、狙う球と捨てる球を確認する。しかしそれでも6回に1番・端岡 陸(3年)、2番・波田逸平(3年)で連打を放つが精一杯だった。「高めを捨てて低めを振っていこうという話をしていましたが、高めを振らないと決めたら低めも振れなくなってしまった」と長谷寛太主将(3年)は肩を落とした。

 神戸国際大附は7回途中からエースの塩田 大河(3年)へ継投してきたが、報徳学園打線は捕えることができず、逆に9回の2失点が致命的になってしまった。

 試合後のミーティングでは首脳陣から厳しい言葉が飛ぶ。特に昨秋決勝で敗れたライバル・神戸国際大附に二度までも負けただけに、もっと悔しい気持ちを全面に出してほしいという首脳陣の思いも垣間見えるミーティングであった。それだけ、悔しさを全面に出していないと見られていたのだろう。
 もう一つ言えば、神戸国際大附の2年生・東郷に大きな自信を与えるかもしれない一戦になったということもある。そうなれば来年夏までとう長期にわたって、報徳学園は大きな敵を作ってしまったのかもしれない。

 ミーティングが終わった長谷主将は意を決して言った。「次(夏)に勝てば、2回の負けはなくなる。終わりよければすべて良しになるように、練習したい」。

 恒例となっている大型連休中の強化合宿。今年は、公式戦がまったくない状態で地獄の特訓となるであろう。


 一方、6回3分の2を投げて2安打1失点と好投した神戸国際大附の東郷は、「先頭打者をアウトにとることを意識して投げた」と初先発のテーマを話した。入学時から青木尚龍監督が期待する左腕が、ようやく頭角を現してきた感じだ。

 守備も左腕を支えた。特に2回二死二塁で後方への難しいフライをキャッチしたセカンド・妹尾克哉(2年)のファインプレーは、勝負に大きく関わった。負けゲームを勝ちに繋げた津名との3回戦を経て、確実に強くなっている印象を受ける。

 そして津名戦で打たれたエースの塩田がしっかりと抑えたことも大きい。秋春県大会連覇へ向けてあと2勝だ! 

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
超高校級ショートストップ・小園海斗(報徳学園)が目指す選手とは? 【ニュース - 高校野球関連】
第787回 世代トップを突っ走る小園の支えは「絶え間ない向上心」 小園海斗(報徳学園) 【2018年インタビュー】
近畿大会が10月20日に開幕!開幕戦から強豪同士の対戦に!!【秋季近畿大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第799回 大阪2強など強豪校が勢ぞろい!激戦の近畿大会を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第759回 春の課題を「持ち越した」香川県、「収穫につなげた」愛媛県【大会展望・総括コラム】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
第758回 好投手、好捕手、好遊撃手で沸いた平成最後の甲子園!【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
済美vs報徳学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第630回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)世界との激闘糧に、夏頂点へ駆ける【後編】 【2018年インタビュー】
第629回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】 【2018年インタビュー】
第572回 三浦銀二(福岡大大濠)「鉄腕、カナダの地で復活!」 【2017年インタビュー】
神戸国際大附 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
平成27年度春季高校野球兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る