2015年04月19日 明石トーカロ球場(明石公園第一野球場)

報徳学園vs川西緑台

2015年春の大会 平成27年度春季兵庫県高校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

競争意識を煽る

代打でタイムリーを放つ山田将(報徳学園)

 報徳学園は2対1とリードして迎えた7回裏、二死走者なしから1番・端岡 陸(3年)がヒットで出塁する。続く2番は波田逸平(3年)。どうしても追加点がほしい展開に、永田裕治監督は一つの策を考えた。
 「(端岡を)走らせて、代打」。

 その狙いを汲みとった端岡は、川西緑台のエース・木村悠斗(3年)が牽制球を投げて警戒する中、1球目で盗塁を仕掛けて見事に成功させた。
 これを受けて、指揮官はタクトを振る。2球目の前に代打として起用されたのは、背番号17の山田将(3年)。「1ボールからでも準備は出来ていました」と気合いを入れて打席に向かった。
 ストライクを1球挟んでの3球目、山田の打球はライト前へと抜けた。二塁から俊足を生かして端岡が本塁へ向かう。クロスプレーとなったが、間一髪でセーフ。そして打った山田は、すぐに代走の西田健二(3年)と交代。「足に自信がないので」と代打がこの試合の自分の役割と理解していた山田は、わずか2分あまりの働きが勝利を決定づけた。

 この冬場、永田監督は【競争】をテーマに掲げて選手に切磋琢磨を求めてきた。代打で起用された山田に関して言えば、競争相手は背番号16の田原 宗汰(3年)になる。秋は打率5割を記録した代打の切り札に指揮官は山田を挑ませた。
 「田原が打ったら次は山田と練習試合から意識的に言ってきました。あえて打ったけど代えたりもしました。田原は打ったぞという感じで」。
 だからこそ、代打で使ってもらった山田はこの1打席にかける気持ちが強かった。

 競争は投手陣も同じだ。この日1失点完投の主島 大虎(2年)は、秋からエースつけてきたエースナンバーを手放し、今大会は背番号10。同学年の右腕・中本 光紀が急成長し、安定感を見せているからである。
 それでも、指揮官は主島を県大会初戦の先発に起用し、「途中で代えようかと思った」と話しながらも最後まで投げさせた。10番になったことでの悔しさと意地を見せてほしかったのだろう。そしてこうも言った。「これを見て次は中本がどんなピッチングをするか」。

 まだまだ、競争は続いていく。 

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
超高校級ショートストップ・小園海斗(報徳学園)が目指す選手とは? 【ニュース - 高校野球関連】
第787回 世代トップを突っ走る小園の支えは「絶え間ない向上心」 小園海斗(報徳学園) 【2018年インタビュー】
近畿大会が10月20日に開幕!開幕戦から強豪同士の対戦に!!【秋季近畿大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第799回 大阪2強など強豪校が勢ぞろい!激戦の近畿大会を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第759回 春の課題を「持ち越した」香川県、「収穫につなげた」愛媛県【大会展望・総括コラム】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
第758回 好投手、好捕手、好遊撃手で沸いた平成最後の甲子園!【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
済美vs報徳学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第630回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)世界との激闘糧に、夏頂点へ駆ける【後編】 【2018年インタビュー】
第629回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】 【2018年インタビュー】
第572回 三浦銀二(福岡大大濠)「鉄腕、カナダの地で復活!」 【2017年インタビュー】
川西緑台 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
平成27年度春季高校野球兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る