2014年09月21日 明石トーカロ球場(明石公園第一野球場)

報徳学園vs高砂

2014年秋の大会 平成26年度秋季兵庫県高校野球大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

1年生エース復調

主島大虎(報徳学園)

 立ち上がりに4連続四球で2点をもらった報徳学園。3回に3連打で1点、5回にも下位打線の連打でもう1点を加え、試合を優位に進めた。

 後半は高砂の二番手・塩月拓斗(2年)を攻め、7回に2点、8回に1点を奪ってコールドゲームに持ち込んだ。

 投げてはエースの主島 大虎(1年)が3安打9奪三振で8回を完封。2対1と苦しんだ2回戦(川西緑台戦)とうって変わって、安定した戦いぶりでベスト8進出を決めた。


 この日は多鹿丈一郎(1年)とバッテリーを組んだ主島。先発して9回14安打を浴びた1回戦(明石商戦)と比べて、「調子が良かった」と球のキレは抜群。ピンチらしいピンチは、初回に連打で二死一、三塁とされた時だけだった。8月の阪神地区予選途中から不調で苦しんできた1年生エース。ただその不安は、「もうない」と話す。

 コールドゲームで終わり、9回のマウンドに立つことはなかったが、この日のシャットアウトが大きな自信となれば、チームにとっても4年連続の近畿大会出場への道が明るくなると言えるだろう。

 一方、敗れた高砂は、先発した左腕の大西裕也(2年)が立ち上がりに4連続四球を与えてしまったのが悔やまれる。キャッチャーの井上大地(2年)がマウンドに駆け寄って激励し、ようやく腕を振って投げられるようになった。

 後半は184センチの長身右腕・塩月が登板。試合巧者の報徳学園の前に失点してしまったが、来年が楽しみと思える素質の高さを見せた。 

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
公立躍進光る兵庫の底力 【ニュース - 高校野球関連】
プロ内野手の弟、大阪桐蔭ら名門校の主軸打者など東洋大新入生野手がハイレベル!! 【ニュース - 高校野球関連】
第30回 強豪校がそろい踏み!2020年の「高校野球ドットコム」野球部訪問ランキングTOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第283回 来年の世代屈指の大型左腕候補・久野悠斗(報徳学園)を要チェック!【ドラフト特集コラム】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs高砂【兵庫県 2019年夏の大会 第101回選手権兵庫大会】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
高砂 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
秋季兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

高砂高砂高校野球部の皆さんへ♪mina 2014.09.22
高砂高校、これからもまだまだ頑張ってね~~\(^o^)/ご父兄様も、ご苦労様です(^_^ゞ

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る