流れを呼び込んだ発想!

1失点完投の永山竜規(市川)

 前半は神戸弘陵の先発・佐野司(2年)と、市川のエース・永山 竜規(2年)による投手戦。

 均衡が破れたのが5回裏。市川は6番石川貴也(2年)と7番青野流弥(2年)の連打などで二死一、二塁とすると、1番小坂悠貴(2年)がライト前へ落とすヒット。突っ込みすぎたライトがボールを後ろに逸らす間(記録は二塁打)に、二人の走者が生還して、市川が2点を先制した。

 神戸弘陵は8回に2番柳生大貴(2年)のタイムリーで1点を返すが、その裏に市川は相手守備のミスで1点を追加。リードを再び広げてもらった永山は散発5安打1失点で公式戦初完投を果たした。

 「ピンチでも粘れた。思った通りの球が投げられて、調子は良かった」と振り返る永山の最大のピンチは、先制する前の5回表の守りだった。

 このイニング先頭の6番高田一輝(2年)に二塁打を浴び、続く7番山口晃平(1年)には死球を与える。8番中尾直貴(2年)を三振に切るが、一死一、二塁と苦しい場面は続いた。

 打順は9番ピッチャーの佐野。神戸弘陵の岡本博公監督は、送りバントを指示する。1ボールからの2球目、永山が投じた球をバントした佐野だが、これがピッチャー前への小フライとなった。処理をする永山はあえてショートバウンドで捕って三塁へ投じる。そして二塁へ送られ、ダブルプレー。永山にとっての最大のピンチは、機転を利かしたプレーという形で、あっという間に切り抜けられた。

 「見事な発想」と讃えた市川の牛尾昌宏監督。野球では時折見られるプレーだが、永山の話しによれば、このプレーは普段の練習ではしてなかったそうだ。だが、「以前、自分がバッターで同じことをされたことがあった」と頭に置いていたことを強調する。

 緊迫する投手戦となった試合展開。このプレーの後の市川の攻撃で、ググッとゲームが動いた。