2014年05月04日 明石トーカロ球場(明石公園球場)

報徳学園vs社

2014年春の大会 平成26年度春季兵庫県高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

デビューのタイミング

 

公式戦初登板初先発の主島大虎(報徳学園)

 報徳学園の先発マウンドに上がったのは、1年生の主島 大虎。永田裕治監督がかねてから、「(県大会で)投げさせたい」と話していた期待の左腕だ。

 初戦(尼崎小田)はエースの中村 誠(3年)が、3回戦(明石商)では田中 和馬(3年)が完投して出番がなかったが、実はいずれの試合も途中で「主島に代えようか」と、永田監督と大角健二部長は話し合っていたそうである。ただし、試合展開もあり、デビューのタイミングは慎重だった。

 そしてこの日、満を持して先発に起用されたのである。
 「朝の練習の時に先発を告げられました。3年生でも試合に出れない人達がいるので、1年生らしく思い切って、3年生のために投げようと思いました」とマウンドに立った気持ちを話した主島。

 1回、の1番荻野翔太郎(3年)にレフト前へと運ばれる。続く2番麻生一誠(3年)送りバントを二塁へ投げてフィルダースチョイスにしてしまった。さすがに公式戦初登板。気持ちをリラックスさせようと、何度も深呼吸をした主島。バックの守備陣、それにベンチも、「思い切って投げろ」と声をかけた。

 3番辰己涼介(3年)の送りバントでようやく最初のアウトを取った1年生。「焦りはあった」(主島)が、これで気持ちを切り替えた。「1点を取られてもいいから、思い切って投げよう」。

 すると、4番坂本雄祐(3年)に対した時、179センチ72キロの体が一段と大きく見えるようになった。
 坂本に1ボール2ストライクとした後の5球目は、内角の直球。これで坂本のバットを詰まらせると、打球はセカンドライナー。飛び出していた三塁走者を見たセカンドの石垣昭太(3年)が、三塁へ投じてダブルプレー。デビューのマウンドを無失点でベンチに戻った。

 「永田先生(監督)からは、ナイスピッチングと言ってもらいました」と笑顔を見せた1年生左腕。その裏に2点を先制してもらい、2回にさらに2点を追加してもらって、楽に投げることができた。

 結局、「80球がメドだった」と永田監督が考えていた投球数に達した7回で降板したが、6安打1失点と見事なデビューとなった。
 「練習試合でも3イニングが最長でした。上出来ですね。彼は度胸が良いですし、1年生のピッチャーで(県大会を)投げさせたのは田村 伊知郎(現・立教大)以来です」と目を細めた指揮官。

 それでも主島自身は「60点。球が走ってなくて、厳しいコースを突けずに、甘くなった球があった」と厳しい採点をした。

【次のページ】 報徳学園vs社(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋の兵庫県王者・報徳学園に密着!明石商撃破の裏側と夏への課題とは? 【ニュース - コラム】
第1001回 明石商に勝つためでなく全国の壁を破るため。秋の兵庫県王者・報徳学園が見せる強豪の矜持【野球部訪問】
昨秋明治神宮大会準優勝の関西大は超高校級捕手・有馬諒(近江)など8人が入部! 【ニュース - 高校野球関連】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第5回 無理は禁物だが、連投できることもその投手の強みになる 槙原寛己氏【後編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第891回 150キロは目前。藤本竜輝が追求する「下半身主導フォーム」と「ボールの回転数」【後編】 【2019年インタビュー】
報徳学園 【高校別データ】
社 【高校別データ】
春季兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

HOTOKU !!3 2014.05.04
報徳らしい点のとりかた!
報徳にしかできない守備!
今日も報徳らしい野球を、
そして勝ってみんなのスマイルをまってます^ ^
報徳魂!

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る