13奪三振の吉尾洸介投手(駒大苫小牧)

背番号15、躍動のピッチング

立ち上がりに1点を先制された駒大苫小牧だが、3回に逆転。6回にも3点を追加して、3年ぶりのベスト4進出を決めた。

試合後に引き揚げてきた駒大苫小牧の佐々木孝介監督。「初めて円山球場を経験する選手がほとんどで、立ち上がりが不安だったけど、最少失点で(ベンチに)戻ってきてくれた。あれが大きかった」と振り返った。

その立ち上がり。先発は背番号15をつけた右腕・吉尾 洸介(2年)。前日の2回戦(白樺学園)に続いての連投だった。
マウンドに上がった姿を見て、「腕が振れず、腰が落ちている感じだった」と不安を覚えた指揮官。それが的中し、北見北斗と1番武藤享(2年)に初球を痛打されるなど4安打を浴びた。大量失点に繋がってもおかしくない被安打だが、味方の好守備もありわずか1点しか奪われなかった。

「大崩れして試合を壊すことがない。いつも、取られても1点くらい」と指揮官は普段通りで立ち上がった吉尾を讃えた。

その裏、北見北斗のエース・菅 聖希(2年)がストライクを取ることができない。1番若松 大地(1年)のストレートの四球など、6球連続でボール。駒大苫小牧の大応援団とブラスバンドの迫力も、菅の緊張を増している要因だった。
2番青木健太(2年)が送り、3番小山功太(2年)は四球。落ち着かない菅に対し、早く追いつきたい駒大苫小牧は仕掛けた。しかし、二塁走者の若松は盗塁を見抜かれ、牽制でタッチアウト。
二死二塁になって4番桑田皓太(2年)はレフト前へヒットを放ち、走者の小山は本塁を狙いクロスプレーになるが、キャッチャーへの危険なスライディングと判断されて守備妨害。これでチェンジとなった駒大苫小牧の流れは最悪なものだった。

だがその負の流れを断ち切ったのは吉尾。2回に三者凡退で立ち直りの兆しを見せると。3回に巡ってきた打席でヒットを放った。
送りバントの後、1番若松が内野安打で繋ぎ、2番青木がライト前へ2点タイムリー。見事逆転に成功。さらに4番桑田の三塁打でもう1点を加えた。

「自分のせいで取られた点だったので、取り返したかった」と笑みを見せた吉尾。ピッチングはこの後、さらに勢いを増す。力強い直球と、武器というスプリットを主体に三振の山を築く。「コントロールには自信がある」と話すように四球を与えることもなかった。