初全道決勝進出に導いた4番吉田 将伍の特大アーチ!



旭川実が初の決勝進出

 1回に五番・熊谷 元稀外野手(2年)の犠牲フライ、4回は九番・稲田 翔太内野手(2年)のタイムリーと前半に2点を先行した旭川実。先発の左腕・坪井 陽汰投手(2年)は5回まで北海道栄打線を2安打に抑え流れを作った。

 6回に北海道栄の五番・細川 幹太郎捕手(2年)に犠牲フライを浴び1点差に迫られた旭川実。だが8回、先頭の四番・吉田 将伍内野手(2年)が左中間スタンドへ特大の本塁打。さらに二死から七番・笹原 颯太捕手(2年)と八番・松田 隼人外野手(2年)が連続二塁打を放ち突き放した。

 坪井投手は9回に再び1点差に迫られるが、何とか耐えて完投。秋の全道大会初の決勝進出を果たした。

 敗れた北海道栄の渡邊 伸一監督は、「投手陣も相手の積極的な打撃にはまってしまい、コントロールに甘さがあった」と振り返り、「あと1点を守る、1点を取るという部分の判断力を磨いていきたい」と来年へ向けての課題を口にした。

 1点差に迫られた後の7回裏。旭川実のエース・坪井は二死満塁のピンチを背負いながら無失点で切り抜けた。直後の8回表、先頭は四番・吉田。ここまで苦しんでいた北海道栄の二番手・佐々木 海翔(2年)のカーブを振り抜いた。「手応えはありました。入るかなと思った」と振り返る会心の打球は左中間スタンドへと突き刺さった。今大会2本目のホームランはピンチを凌いだ直後に引き寄せた勝利への流れだった。「フルスイングは自分が一番大事にしているところ」と184センチ92キロの頼もしき四番は、秋の全道初の決勝進出を喜んだ。

(文・写真=松倉 雄太

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ