2016年10月03日 札幌円山球場

東海大札幌vs旭川実

2016年秋の大会 第69回秋季北海道高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

4時間9分の熱戦

岩崎篤(東海大札幌)

 勝負を決めたのは東海大札幌の1番・岩崎篤(1年)。延長12回裏、死球、バント内野安打、敬遠で無死満塁となって回ってきた打席。2ボール1ストライクからの4球目を弾き返すと、打球は前進守備のセカンドの横を抜けていった。161センチとチームでもっとも小柄な1年生が、大きくガッツポーズ。12回、4時間9分の激闘に決着をつけた。

「自分のエラー(記録はヒット)で8回に5点を取られて追いつかれたので、取り返したかった」とトレードマークの笑顔を見せた1年生は大阪出身。「高校をどうするか迷っていたときに、監督さんが声をかけてくれた」と大脇英徳監督の一声で北海道で野球をすることを決めた。札幌支部大会の直前から1番に定着し、全道大会初戦で大きな仕事をやってのけた。だが、「守備でチームを助けられるように、もう1回気を引き締めて、今度はノーエラーでいきたい」と連戦となる2回戦の札幌日大戦を見据えていた。

 一方、敗れた旭川実のエース・葛西柾斗も1年生。延長12回、241球目が悔しい1球となってしまった。12回の守りで無死一、三塁とサヨナラのピンチを背負った時、伝令が出てマウンドに集まった。「まずは敬遠して満塁にしようという指示。その後は外野へ打たれると点を取られるので、内野ゴロを打たせよう」と確認しあった。狙い通りゴロを打たせることはできたが、飛んだ所と前進守備だったことが不運だった。

 敬遠を含めこの試合で12四死球と課題ははっきりしている。「コントロールを良くして、春に絶対全道に戻ってきます」と1年生左腕は冬の成長を誓った。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
センバツで好投の奥川、香川、河野の投球は?研修合宿から見えた参加14投手の実力!【西日本編】 【ニュース - コラム】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
研修合宿から見えた佐々木、奥川の実力!参加投手14名を徹底考察!【東日本編】 【ニュース - コラム】
第201回 佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第904回 悔しさをバネに飛躍の冬に!大岸悠斗(東海大札幌) 【2019年インタビュー】
第59回 甲子園を湧かせた超スローカーブの使い手の「気遣い力」 西嶋 亮太(東海大札幌卒)【恩師が語るヒーローの高校時代】
第906回 名将が考える、4次元のコミュニケーション!大脇 英徳監督(東海大札幌) 【2019年インタビュー】
第66回 東海大札幌(北海道)「我慢」を胸に、熾烈な競争の中レベルアップを図る冬【冬が僕らを強くする2019】
第907回 勝てる投手へと、さらなる高みへ上がるために!小林 珠維(東海大札幌)・後編 【2019年インタビュー】
第903回 夏までに最速153キロを目指す!投打に注目、小林 珠維(東海大札幌)・中編 【2019年インタビュー】
第85回 しっかり者の男女4人が支える!東海大札幌(北海道)頑張る!マネージャー【頑張る!マネージャー】
第902回 「明確な目的」でブレない行動!魅力ある大型右腕・小林 珠維(東海大札幌)・前編 【2019年インタビュー】
駒大苫小牧vs旭川実【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
旭川実vs北海道栄【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
旭川実vs稚内大谷【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
鵡川vs旭川実【北海道 2010年秋の大会 第63回北海道大会】
佐賀学園(佐賀)vs旭川実(北北海道)【2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会】
旭川実 【高校別データ】
東海大札幌 【高校別データ】
第69回秋季北海道高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

北海道地域応援スポンサー

北海道の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る