2019年10月05日 みよし運動公園野球場(三次きんさいスタジアム)

尾道商vs広陵

2019年秋の大会 秋季広島県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

尾道商、広陵との乱打戦を制して決勝進出!中国地区大会出場決定



三回、尾道商の四番松井が本塁打を放つ

  夏の広商桜の広陵、という苔むしたような言葉がある。現在にいたるまで甲子園を沸かせ続けてきた商 さてその後夏の横綱として県内全国問わず有名校として名をはせた広島商業とは違い、広陵は長い間の低迷を経て、現在は堂々の名門校として復権中。紫紺の優勝旗を三度も持って帰った押しも押されぬ伝統校であるが、夏の優勝旗はこれまで三度の挑戦もむなしくまだ手に入っていない。というわけで夏に六度優勝した広島商業は夏の広商、春のセンバツで三度の優勝を果たした広陵は桜の広陵といつしか呼ばれるようになり、長く続く間に如水館崇徳などの個性あふれる高校がそれに挑み、勝ったり負けたりを繰り返していた。

 そんな広陵が準決勝に登場だ。相方ともいえる広商は二回戦で敗退してしまったが、同じく伝統校としての意地を見せてほしい。相手は尾道商。こちらも戦前からの伝統校で立派な古豪と言える。オールドファンが見ればなにかタイムスリップしたような錯覚に陥るが、二校とも伝統に隠れた柔軟性をもちあわせている証拠だろう。

 試合は序盤からなかなかの荒れ模様を見せる。先制したのは尾道商業。広陵の先発は、今夏の大会でも登板経験のある藤井一嘉(2年)。フォークやスライダー、カーブなどの多彩な変化球で攻める技巧派だが、この日は変化球の制球がいまいち決まらない。三回表、まずは先頭打者尾道商のマウンドを預かる卜部雄介(2年)がライト前にポトリと落とすと、この大会絶好調の一番児仁井佑真(2年)がきっちり初球でバントを決める。一死二塁のチャンスで二番の稲原大翔(2年)がこの日二本目の中前打でつなぎ、チャンスを拡大させた。打席に立つのは三番平本啓太(2年)。カウント1-3からの五球目をレフト前に運んで、まずは尾道商が先制する。先制点の余韻冷めやらぬ中、打席には尾道商の四番は巨漢の松井健(2年)。初球、ひざ元にきた抜け球を思い切り掬い上げて左翼スタンドに特大アーチを叩き込む。尾道商はこの回一気に四点を取り、試合の主導権を手繰り寄せる。

【次のページ】 尾道商vs広陵(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日本ハム・有原航平や広島・野村祐輔など現役は9名 広陵OBのオープン戦の成績は?! 【ニュース - 高校野球関連】
柳田、山岡ら球界屈指の選手が生まれ育つ!広島生まれのプロ野球選手は誰がいる?! 【ニュース - 高校野球関連】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第992回 2020年の広島は広島新庄、広陵の二強で形成!ダークホースになりうるのは?【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
広島新庄vs尾道商【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
尾道商vs広【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
広陵vs広島国際学院【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
広陵vs広島井口【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
広陵vs西条農【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
第998回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第926回 「みんなの喜び」のため、日本一にチームを導く! 河野 佳(広陵) 【2019年インタビュー】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
尾道商 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
令和元年度 秋季広島県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

広島県地域応援スポンサー

広島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る