2019年07月26日 みよし運動公園野球場(三次きんさいスタジアム)

広陵vs広島国際学院

2019年夏の大会 第101回選手権広島大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

広陵、堂々の準決勝に

 各地域で強豪校の敗退速報が相次ぎ、混沌の様相を見せる令和初の全国高等学校野球選手権大会だが、広島も例外ではない。如水館崇徳といったかつて甲子園を沸かせた高校が敗退し、どこが優勝するかわからない混迷極まりない状況になっている。しかし、どこが一番手かと聞かれれば、やはり広陵を上げざるをえないだろう。去年は準決勝まで全てコールド勝ち、今年も三連覇に向けて意気揚々としている。準々決勝の相手は広島国際学院、全国的には無名でも、広島県下では存在感を示す強豪私立校だ。

 試合は初回から動いた。今日の広陵先発は最速150キロの大型右腕河野 佳(3年)だったが不安定な立ち上がりを付け込まれた。先攻を取った広陵の攻撃が0に終わった一回裏、広島国際学院は先制攻撃を仕掛ける。一死から二番の馬場蓮太(3年)がライト前にヒットを放つとそこから三番の見田健人(2年)がレフト前に鋭くヒットを打ち一死一、二塁。この試合初のチャンスにバッターボックスに立つのは四番の山根琉貴(3年)。河野自慢の速球を見極めた三球目をみごとにはじき返し、これが右中間を抜く走者一掃の二塁打。広島国際学院広陵に今大会初のビハインドをつけた。

 早々に先制され、今大会初の劣勢に立たされた広陵は四回、一気に反撃に出る。まずは先頭の四番中村 楓大(3年)がレフト前に鮮やかなヒットを放ってチャンスメイク。五番の金澤礼大(3年)がインターフェアで無死一二塁とすると、今日は六番に入っている大砲渡部聖弥(2年)が送りバントでチャンスを拡大、一死二、三塁。しかし次打者の七番主将の秋山 功太郎(3年)が鋭い打球を放つもショートゴロで中村が三本間に挟まれて憤死。二死一、三塁となる。だが、そこからがしぶとい。八番の中冨宏紀(3年)がセンターオーバーの三塁打で走者一掃。同点に追いつくと九番の河野が自らを助ける二塁打を打ち、一気に逆転。その後も先頭の岑がセンター前にはじき返して4対0と試合をひっくり返す。

 こうなると、河野はがぜん強気になる。逆転されてからの4、5、6回をわずか被安打一、打者10人に対して5奪三振と県下ナンバーワンの右腕にふさわしい快投ぶりを見せる。最速は147キロと広島国際学院打線をなで斬りにし、マウンドを守り切った。エースが奮起すると打線もそれに同調するのが今年の広陵。七回、先頭の岑幸之祐(3年)が四球で出塁すると一死後、三番、器用な宗山 塁(3年)、四番長打力のある中村、五番巧打者金澤が連続ヒットで一気に三点を追加。ここまで好投を続けていた広島国際学院先発の加藤祥太(3年)を攻略。その後も渡部のシングルヒット、代打の切り札三木太陽(1年)の二塁打などもあり、広陵はこの回だけで五得点、一気に試合を決めた。広島国際学院は初回の二得点のあと打線が沈黙、二回以降に立ち直った河野に付け入るスキを見出すことが出来なかった。七回裏、あとがない中で必死の反撃をしようと試みたが、盤石の抑えともいえる石原 勇輝(3年)、高太一(3年)の両左腕に打線が封じ込められた。結局9対2の大差で広陵が勝利、三連覇に向け、27日の準決勝では選抜出場校の市立呉を破った広島商と因縁の対決を迎える。

(文:編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日本ハム・有原航平や広島・野村祐輔など現役は9名 広陵OBのオープン戦の成績は?! 【ニュース - 高校野球関連】
柳田、山岡ら球界屈指の選手が生まれ育つ!広島生まれのプロ野球選手は誰がいる?! 【ニュース - 高校野球関連】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第992回 2020年の広島は広島新庄、広陵の二強で形成!ダークホースになりうるのは?【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
尾道商vs広陵【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
尾道vs広島国泰寺【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
広島工vs安西【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
市立呉vs安芸府中【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
広陵vs広島井口【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
第998回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第926回 「みんなの喜び」のため、日本一にチームを導く! 河野 佳(広陵) 【2019年インタビュー】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
広陵 【高校別データ】
広島国際学院 【高校別データ】
第101回全国高等学校野球選手権 広島大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

広島県地域応援スポンサー

広島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る