2018年04月15日 東広島運動公園野球場

大竹vs高陽東

2018年春の大会 春季広島県大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

息詰まる投手戦の幕切れは逆転サヨナラアーチ。主砲の一振りで大竹が3回戦進出!



9回裏、逆転サヨナラ3ランを放った川西龍斗(大竹)
 

 東広島アクアスタジアムで行われた2回戦・第2試合は高陽東大竹の顔合わせとなった。高陽東の正捕手・黒川 直哉は今季の中国地方No.1ともいわれる強肩が評判。対する大竹は昨夏4強、昨秋も16強まで駒を進めており、近年安定した結果を出しているチームだ。「実力派公立校」対決となった第2試合の火蓋が切って落とされた。

 

 先攻・高陽東、後攻・大竹。先発は高陽東が岸田 雅也、大竹が廣谷 烈。両校ともにエースが先発のマウンドに立った。

 

 初回は共に得点圏まで走者を進めるも、あと一本が出ず。無得点。2回に試合が動きを見せる。

 

 2回表、一死一塁で高陽東7番・上原 誠真が右中間突破の二塁打。この当たりで一走が長躯ホームインで、高陽東が先制に成功する。

 

 追う大竹は直後の2回裏一死後、8番・矢野 風月が左前打で出塁し、すかさず9番・中谷 魁斗が犠打成功。1番中村 祐樹が四球を選び、二死一二塁とチャンスを広げ、2番・峯岡 将吾が右前適時打。大竹がすぐさま同点に追いつく。

 

 その後は両校ともに走者を出しながらも、両エースが粘りを見せる。8回までズラリと0が並ぶ、硬直した試合が再び動きを見せたのは9回だった。

 

 先ず、9回表先頭の5番・黒川 直哉がレフトにソロ本塁打を突き刺し、高陽東が勝ち越しに成功。この試合無安打と苦しんでいた黒川の「目覚めの一発」で、リードを奪う。

 

 追い詰められた大竹は9回裏、二死一二塁のチャンスを作り、打席には4番.・川西 龍斗。川西が放った打球はグングン伸び、レフトスタンドへ。劇的な逆転サヨナラ本塁打で、大竹が勝利を手繰り寄せた。

 

 両校エースの好投のみならず、痛烈なライナーを好捕するなど、見事なフィールディングも披露。終盤までもつれる接戦を生み出す要因となっていた。

 見どころ満載の熱戦を制した大竹は秋に続く16強進出。今後の快進撃に期待したい。

 

(取材・写真=井上幸太)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
柳田、山岡ら球界屈指の選手が生まれ育つ!広島生まれのプロ野球選手は誰がいる?! 【ニュース - 高校野球関連】
小園海斗(報徳学園出身)も続くか? 広島の高卒生え抜きの2桁本塁打達成者からは日本代表が3人 【ニュース - 高校野球関連】
第992回 2020年の広島は広島新庄、広陵の二強で形成!ダークホースになりうるのは?【大会展望・総括コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第969回 広陵が一歩リードする状況 中国大会への出場権3枠を掴むのはどこだ?【秋季広島県大会 展望】【大会展望・総括コラム】
第11回 広島商業高等学校(広島)【15年ぶり23回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第926回 「みんなの喜び」のため、日本一にチームを導く! 河野 佳(広陵) 【2019年インタビュー】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第167回 九州共立大 大瀬良 大地 投手 「大進化をもたらした大学4年間」 【2013年インタビュー】
高陽東 【高校別データ】
平成30年度春季広島県高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

広島県地域応援スポンサー

広島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る