2017年11月12日 みよし運動公園野球場(三次きんさいスタジアム)

広陵vs市立呉

2017年秋の大会 広島県1年生大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

広陵が16安打の猛攻で市立呉を降し、決勝進出!



5回に本塁打を放ち、ベースを一周する澁谷 拓磨(広陵)

 来年、再来年を占う上で大きな意味合いを持つ1年生大会。準決勝第1試合は今夏甲子園準優勝を果たし、毎年のように好素材が集う広陵と今春甲子園初出場を果たす等、近年メキメキと力を伸ばしている市立呉の顔合わせとなった。

 先攻・広陵、後攻・市立呉。先発は広陵石原 勇輝市立呉沼田 仁

 先手を奪ったのは広陵だった。3回表、一死一塁で3番金澤 礼太が中前打を放ち、スタートを切っていた一走・藤井考太が長躯ホームイン。打球処理がもたついているのを見逃さない好判断も光る走塁で先制点を生み出した。更に市立呉のバッテリーミスも絡み、二死三塁と攻め込み、5番秋山 攻太郎がレフト線に適時二塁打。広陵が2点の先制に成功する。

 広陵先発の左腕・石原 勇輝に無安打に抑えられていた市立呉が反撃に転じたのは4回裏。一死後、連続四球で一二塁とし、迎えた5番塩田 開都が一ゴロを放つ。これが進塁打となり、二死二三塁とチャンスを拡げ、6番沼田 仁の中前打で二者生還。チーム初安打が同点の適時打となり、市立呉が試合を振り出しに戻す。

【次のページ】 広陵vs市立呉(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
太田光(楽天)、佐野恵太(DeNA)に注目!現役15名を誇る広陵OBで開幕ダッシュに成功した2名 【ニュース - 高校野球関連】
長野 勇斗(三重)や喜多 真吾(広陵)など好打者揃いだった2014年夏の1回戦を戦った三重と広陵ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第992回 2020年の広島は広島新庄、広陵の二強で形成!ダークホースになりうるのは?【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
尾道商vs広陵【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
広陵vs広島国際学院【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
市立呉vs安芸府中【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
広陵vs広島井口【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
広陵vs西条農【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
第998回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第926回 「みんなの喜び」のため、日本一にチームを導く! 河野 佳(広陵) 【2019年インタビュー】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
市立呉 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
平成29年度広島県高等学校野球1年生大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

広島県地域応援スポンサー

広島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る