2011年04月16日 前橋市民球場

東農大二vs常磐

2011年春の大会 群馬県春季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

東農大二・吉田君

9回に4点差跳ね返した東農大二、一気に逆転サヨナラ

 初回から小刻みに動いていた試合だったが、9回表が終了するまでは終始常磐のペースになって進んでいるという印象だった。
それが、9回裏だけ、東農大二が100%自分たちの思惑通りの展開として、大逆転でサヨナラ勝ちを決めた。

 8回まで、常磐は先発安田君が5回2失点、6回からリリーフした左腕山本君は1失点と、宮谷吉政監督としても、何とか意図した形で最終回を迎えるという運びになっていた。しかも、4点を追う東農大二は七番からという打順だった。それだけに、ここまでの試合の流れからしても、この段階ではほぼ常磐が逃げ切るのではないかと思うのが多くの見方だったであろう。

ところが、先頭の豊村君が意地の中前打をライナーではじき返すと、東農大二は俄然活気づいてきた。
続く橋本君も三遊間を破ると、代打富田君は風にも助けられた形で左前へポテンヒット。この後、暴投があって1点が入ってなおも無死二三塁。一番梅津君の中前打で2点差としてさらに一三塁。内野ゴロの間に三走が帰って、1点差に詰め寄って、さらに1死二塁と一打同点になった。

三番吉田君は気持ちを集中させて左翼オーバーの同点二塁打。こうなったら、もう勢いは東農大二の流れだが、途中からリリーフのマウンドに登って、打順も四番に入っていた遠藤君が、左中間へ運んでついに4点差を1イニングで跳ね返した逆転サヨナラとなった。
この回だけで東農大二は6本の安打を集中した。野球の不思議さを改めて思わせた試合でもあった。

【次のページ】 東農大二vs常磐(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【群馬】昨秋準決勝・健大高崎ー前橋育英の再戦が実現!<6日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
【群馬】健大高崎、桐生第一、前橋育英ら8強出揃う!<4日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第76回 生かす殺すも自分次第。福岡ソフトバンクが誇る神足・周東佑京(東農大二出身)を変えた大学4年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
常磐大高vs水戸商【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
常磐大高vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
常総学院vs常磐大高【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会】
第532回 【群馬展望】「前橋育英、健大高崎の二強を阻むチームは?序盤から好カードが満載!」【大会展望・総括コラム】
第33回 東京農業大学第二高等学校(群馬)【僕らの熱い夏2017】
常磐大高vs土浦湖北【茨城県 2017年春の大会 茨城県大会】
明秀学園日立vs常磐大高【茨城県 2016年秋の大会 茨城県大会】
第66回 群馬県立前橋高等学校(群馬)【僕らの熱い夏2016】
常磐 【高校別データ】
東農大二 【高校別データ】
春季群馬県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

群馬県地域応援スポンサー

群馬県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る