前橋商の先輩後輩対決を制した健大高崎、3季連続出場へあと一つ

 昨年夏と今春、甲子園出場を果たしてベスト8に進出している健大高崎。近年は、すっかり群馬県を代表する存在になってきた。その健大高崎を率いる青栁 博文監督の母校が前橋商である。前橋商の住吉 信篤監督は、前橋商では青栁監督の2年後輩にあたる。そんな因縁もある対戦となって注目度の増したカードとなった。

 先制したのは健大高崎で初回、先頭の春日君が中前打で出ると、バントで送り、相馬君が左翼線へ流し打った二塁打で帰した。比較的あっさりとした感じの先制点となった。

 さらに3回にも健大高崎は、一死後春日君が左翼線二塁打で出ると、暴投で三塁へ進んで、林君の一塁ゴロでホームへ帰った。得意の“ゴロGO”戦術である。こうした、何気ない形であっても、きちんと点を取っていくという健大高崎野球のしたたかさは、この夏も健在というところを見せつけた。

 4回も健大高崎は一死から柘植君が右中間に二塁打すると、宮本君は巧みなバント安打で出ると、すかさず二塁盗塁して二三塁として、小谷君は泳ぎながらも右前へポトリと落とす安打で三塁走者を帰し、なおも一死一三塁。ここで、前橋商は先発齋藤由君を諦めて、同じ左ながら少しタイプの異なる田中椋君を投入。健大高崎は、その代わり端に佐藤望君が二塁ゴロを放ち、またしても“ゴロGO”戦術で得点を重ねていた。

 前橋商としては、がツーンと打たれての失点という形ではないだけに、却ってダメージが大きいともいえる得点の失い方でもあった。

 そして6回、健大高崎は四球と柘植君の安打、宮本君の巧みなバント安打などで無死満塁として、小谷君がカウント1―1からスクイズを決めて、なおも一死二三塁。ここで8番佐藤望君が左前打して、2者を帰してこの回決定的な3点を加えた。

 7点リードで余裕のできた健大高崎は、5回まで1安打のみで0に抑えていたエース左腕の川井君を外野に下げて、11番をつけたスピードのある右腕吉田君が1イニングを投げた。そして右サイドハンド気味でセンバツでは東海大四戦で好投した橋詰君を投入。1イニングでぴしゃりと行ってコールドゲーム成立としたいところだった。

 しかし、前橋商も意地を見せた。7回に一死後4番城田君から鈴木雅君、代打深澤君と3連打して1点を返した。こうして、コールドゲームを阻止したのは、立派だった。最後となる夏の試合、7回で終えるのと9回フルに戦って敗れるのとではやはり違うだろう。このあたりは、橋詰君が抑えきれなかったというよりも、何とか食い下がっていこうという姿勢を見せた前橋商を評価していいだろう。

 それに、8回、9回の健大高崎の攻撃も、田中椋君がしっかりと押さえた。最後まで、諦めない姿勢を示していた。

(文=手束 仁

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!愛知県の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会