2015年07月25日 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場)

健大高崎vs前橋商

2015年夏の大会 第97回選手権群馬大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

前橋商の先輩後輩対決を制した健大高崎、3季連続出場へあと一つ

 昨年夏と今春、甲子園出場を果たしてベスト8に進出している健大高崎。近年は、すっかり群馬県を代表する存在になってきた。その健大高崎を率いる青栁 博文監督の母校が前橋商である。前橋商の住吉 信篤監督は、前橋商では青栁監督の2年後輩にあたる。そんな因縁もある対戦となって注目度の増したカードとなった。

 先制したのは健大高崎で初回、先頭の春日君が中前打で出ると、バントで送り、相馬君が左翼線へ流し打った二塁打で帰した。比較的あっさりとした感じの先制点となった。

 さらに3回にも健大高崎は、一死後春日君が左翼線二塁打で出ると、暴投で三塁へ進んで、林君の一塁ゴロでホームへ帰った。得意の“ゴロGO”戦術である。こうした、何気ない形であっても、きちんと点を取っていくという健大高崎野球のしたたかさは、この夏も健在というところを見せつけた。

 4回も健大高崎は一死から柘植君が右中間に二塁打すると、宮本君は巧みなバント安打で出ると、すかさず二塁盗塁して二三塁として、小谷君は泳ぎながらも右前へポトリと落とす安打で三塁走者を帰し、なおも一死一三塁。ここで、前橋商は先発齋藤由君を諦めて、同じ左ながら少しタイプの異なる田中椋君を投入。健大高崎は、その代わり端に佐藤望君が二塁ゴロを放ち、またしても“ゴロGO”戦術で得点を重ねていた。

 前橋商としては、がツーンと打たれての失点という形ではないだけに、却ってダメージが大きいともいえる得点の失い方でもあった。

 そして6回、健大高崎は四球と柘植君の安打、宮本君の巧みなバント安打などで無死満塁として、小谷君がカウント1―1からスクイズを決めて、なおも一死二三塁。ここで8番佐藤望君が左前打して、2者を帰してこの回決定的な3点を加えた。

 7点リードで余裕のできた健大高崎は、5回まで1安打のみで0に抑えていたエース左腕の川井君を外野に下げて、11番をつけたスピードのある右腕吉田君が1イニングを投げた。そして右サイドハンド気味でセンバツでは東海大四戦で好投した橋詰君を投入。1イニングでぴしゃりと行ってコールドゲーム成立としたいところだった。

 しかし、前橋商も意地を見せた。7回に一死後4番城田君から鈴木雅君、代打深澤君と3連打して1点を返した。こうして、コールドゲームを阻止したのは、立派だった。最後となる夏の試合、7回で終えるのと9回フルに戦って敗れるのとではやはり違うだろう。このあたりは、橋詰君が抑えきれなかったというよりも、何とか食い下がっていこうという姿勢を見せた前橋商を評価していいだろう。

 それに、8回、9回の健大高崎の攻撃も、田中椋君がしっかりと押さえた。最後まで、諦めない姿勢を示していた。

(文=手束 仁

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!愛知県の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
育成の巨人襲名なるか。 横川凱(大阪桐蔭出身)と 井上温大(前橋商出身)に期待 【ニュース - 高校野球関連】
「守備はまるで忍者だった」恩師が語る巨人のホープ・湯浅大(健大高崎出身)。追いかけていた球団は巨人だけだった 【ニュース - コラム】
第152回 「守備はまるで忍者だった」恩師が語る巨人のホープ・湯浅大(健大高崎出身)。追いかけていた球団は巨人だけだった【恩師が語るヒーローの高校時代】
健大高崎vs桐生第一【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs樹徳【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs専大松戸【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
健大高崎vs國學院栃木【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs前橋商【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1020回 健大高崎、東京学館など強打のチームが登場!【秋季大会逸材ガイドブック・1日目】【大会展望・総括コラム】
第138回 伝統的な守り中心の野球を掲げる前橋商。3人のキーマンを中心に2010年夏以来の聖地目指す【野球部訪問】
第1040回 復権を狙う「前商」。強豪私学に触発された走塁改革で狙うは11年ぶり甲子園【野球部訪問】
第135回 交流試合一番の番狂わせ。昨秋神宮大会準優勝・健大高崎は帯広農との一戦で何が起こったのか【高校野球コラム】
第1234回 潜在能力は歴代トップクラス。プロ志望の191センチの大型右腕・橋本拳汰(健大高崎)の 決意 【2020年インタビュー】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1141回 入学当初の実力は同学年でも下位。下慎之介(健大高崎)がドラフト候補左腕まで成長できた理由 【2020年インタビュー】
第1134回 小学生で遠投86m 超強肩捕手・戸丸秦吾(健大高崎)の逸話がすごい!!そのスローイングの秘密を大公開! 【2020年インタビュー】
第1082回 投手の良さを引き出すことが実力の見せどころ。戸丸秦吾(健大高崎)は捕手の鏡ともいえる考えの持ち主だった! 【2019年インタビュー】
健大高崎 【高校別データ】
前橋商 【高校別データ】
第97回全国高等学校野球選手権群馬大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

群馬県地域応援スポンサー

群馬県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る