強豪対決は、まさかの6回コールドゲームで健大高崎

絶えず走るぞと、相手を意識させる健大高崎の攻め

 高校野球の勢力構図というのは常に動いている。それが、全国各地でそれぞれ起きているのだけれども、群馬県で言えば、90年代に大きく躍進してきたのが桐丘から校名変更した桐生第一だった。その集大成的に99年には、悲願の県勢初優勝を果たすのだが、その後2000年代になって、新たに登場して徐々に台頭してきたのが健大高崎だったが、10年を超えたころから一気に躍進してきた。そして、昨夏今春と甲子園でベスト8に進出している。今や、一昨年夏に全国制覇を果たした前橋育英とともに、今や県内を引っ張る存在となっている。

 つまり、この試合は言うならば、群馬県内の雄新旧の対決と言ってもいいものである。そんな好カードでもあり、朝早くから多くのファンが行列を作って入場を待っていた。

 多くの観衆でいっぱいになったスタンドが見守る中、健大高崎は初回から、爆発的な攻撃力を見せつけた。
二死一塁となったところで、4番柴引 良介君が右前打して一三塁とすると、柘植 世那君も強烈に右方向へ運んでまずは先制。さらに、大島 匡平君も右前打して2者を帰すと、7番佐藤 望君は右線へ三塁打して、この回4点を挙げた。持ち前の機動力を前面に出して、という形ではなくて、鋭く振り抜いていく打線の力で得点を奪い取っていったというものだった。

 しかし、健大高崎の持ち味は、走者が塁に出た段階で、相手にプレッシャーを与えていくところにもある。「何か仕掛けてくるのではないか」ということを、相手バッテリーに感じさせていくところから始まっている。そういう意味では、やはり健大高崎野球だったといっていいだろう。

 2回にも健大高崎は一死一塁から2番林 賢弥君が中越三塁打し、相馬 優人君もレフトへ大きな犠飛を放ち、この回も2点を追加した。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!