2014年07月13日 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場)

樹徳vs高崎商

2014年夏の大会 第96回選手権群馬大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

23年ぶりの聖地へ 春の優勝校・樹徳が苦しみながらも初戦突破!!

 この日のお目当ては群馬の、というより全国的にも注目を集める樹徳の中心打者、野平 大樹(3年・遊撃手・右投左打・182cm/83kg)の走攻守。
試合前のシートノックではボテボテの緩いゴロを捕るときの足運びが目を引いた。大きいストライドで前に出て、打球が近くにきたら細かなステップでバウンドを合わせる――これをきっちりやっていた。

 さらに打球を捕ってから次の動作に移るまでのスピードが速い。グラブトスを交えたプレーは「プロ」と言わないまでも、東京の大学生を見ているような錯覚を覚えさせられた。脚力は5月3日の群馬大会準決勝健大高崎戦の第2打席で三塁打を放ち、このときの三塁到達が俊足と認めていい11.96秒を計測。十分“健脚”と表現していいレベルである。

 この日の高崎商戦はどうだったのか、というと4打数ノーヒットだった。第1打席が1ボールから打ってライトフライ、第2、4打席は初球を打って二塁ゴロとレフトライナー、第3打席は1ボール1ストライクからの3球目のストレートを打ってショートフライと、積極打法が仇になった。ちなみに、二塁ゴロのときの一塁到達タイムは4.45秒と普通である。

 野平の早打ちには定評がある。関東大会2回戦(初戦)の東海大浦安戦では4打席中、見逃しのストライクが1球しかなかった。こんな野平に、12年夏の選手権大会に11回目の出場を果たしている高崎商のバッテリーが初球に甘い球を投げるわけがない。内角を中心に厳しいコースを攻められ、これに野平は早打ちで対抗しようとした。そもそもの考え方にミスがあったと言わざるを得ない。

 この野平を含めた樹徳のスターティングメンバー中、左打ちは7人と多数派を占めたが、これが苦戦の原因と言っていい。高崎商の先発・熊川達大(3年)は力むと三塁方向の高めにストレートが抜ける傾向にあり、右打者にはいかにも投げづらそうだった。しかし、樹徳のスタメンに右打者は2人しかいなかった。

【次のページ】 樹徳vs高崎商(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【関東】前橋育英が快勝!<28日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
「何らかの試合をして締めくくらせてあげたい」 群馬の実力校・樹徳の現在とは 【ニュース - コラム】
第114回 群馬の実力校・樹徳の現在「何らかの試合をして締めくくらせてあげたい」【高校野球コラム】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
都立片倉vs高崎商【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
樹徳vs不二越工vs共栄学園【2019年 練習試合(交流試合)・春】
高崎商大附vs健大高崎【群馬県 2019年夏の大会 第101回選手権群馬大会】
第924回 前橋育英を中心に優勝争い!対抗馬の一番手は健大高崎で樹徳や桐生第一も追いかける【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs高崎商【群馬県 2018年夏の大会 第100回選手権群馬大会】
第532回 【群馬展望】「前橋育英、健大高崎の二強を阻むチームは?序盤から好カードが満載!」【大会展望・総括コラム】
樹徳vs沼田【群馬県 2017年春の大会 群馬県春季大会】
第41回 桐生一を追い越した健大高崎と前橋育英が新2強として引っ張る(群馬)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
樹徳 【高校別データ】
高崎商 【高校別データ】
第96回群馬大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

樹徳普段通りに!樹徳ファン 2014.07.02
いよいよ夏の大会が始まりますね!初戦は伝統校の高崎商業高校です。秋、その後の練習試合も勝利していますが、「夏の高商」は気が抜けません!緊張感を持って普段通りの野球が出来れば結果は付いて来ます。元気を出して頑張って下さい!応援に行きます!
高崎商高商頑張れ!!くるりん 2014.07.02
落ち着いて、いつもどうりの試合をして下さい。
応援してます。
高崎商高崎商 頑張れ山ちゃん 2014.06.21
応援に行きます。
いい試合してください。
樹徳樹徳(・∀・)イイネ!! サイッコウダネ!!ニペイ 2014.06.20
葭葉投手 金井選手
o(・`д・´。)ヵ゛ンハ゛レ !
応援してます

応援メッセージを投稿する

群馬県地域応援スポンサー

群馬県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る