明るく元気な海津明誠が春準優勝の岐阜第一を接戦で下しベスト8


 阪口 樂が投打で注目を浴びている岐阜第一。今春は県大会準優勝で、昨秋も3位校として東海地区大会に出場を果たした。昨秋は、ベスト4まで進出している。このところの、県内での力も安定している。福知山成美で甲子園出場に導いている田所 孝二監督としても、就任6年目の今年のチームには確かな手ごたえを感じている。

 これに対するのが、県内では曲者としての定評も得てきた海津明誠だ。相手に対して、何をやってくるのかわからないぞと思わせる要素もあるだけに、シード校の岐阜第一に対してどんな野球をしていくのか注目したいところだった。

 その海津明誠は先攻で、初回、先頭の伊藤 健太が三遊間深いところへ内野安打。下里は粘って四球で出て一、二塁とすると、大橋が中前へはじき返して無死で先制した。阪口の立ち上がりが不安定なところを、ファウルで粘るなどしながら、じっくりと攻めていったという感じだった。

 しかし、5人目の打者はフルカウントから三振となる。これで阪口も、少し落ち着いた。さらに、渡邉 和博の左飛で三塁走者が本塁へ走ったのも刺して、阪口は1点を失い、なおも無死満塁と苦しみながらも1失点のみで何とか切り抜けた。

 2回は三者凡退に抑えて、これで何とか本来のペースになったかと思われた。ところが、海津明誠は3回にも二死走者なしから、大橋の二塁打、さらに金森の右越え三塁打で2点目を挙げる。この段階では、まさかこの得点が決勝点になるとは、想像出来なかった。

 4回にも海津明誠は6番渡邉 和博がバント安打で出て揺さぶり、二死二塁から安立が右前打。二塁から本塁を狙った渡邉は刺されたものの、海津明誠が攻撃の主導権を握っていた。