大垣商が何とか守り切って、8年ぶり11回目の東海大会進出



大垣商・岩田大地君

 今年の秋季岐阜県大会は、ベスト4に大垣勢が3校残った。因みに一次予選となった西濃地区大会での順位は、大垣日大が1位、大垣西が2位で大垣商が3位となっていた。その3校がここまで残ったので、西濃地区勢のこの秋のチームのレベルは高いと言えるのかもしれない。

 大垣商は初回に二死走者なしから岩崎君が中前打すると、その後に連続四球で満塁として6番水野君が一塁線で跳ねる打球を放って2者が帰った。さらに近澤君も左翼線へ二塁打してこの回3点。まずは、大垣日大の権田君の立ち上がりを攻めた。しかしながら、地力のある大垣日大だ。2回には4番の柄澤君の左翼へのソロで1点を返す。まだまだどうなるのかは、まったくわからない展開だ。

 3回に大垣商は3番岩崎君が右前打してバントで進めて一死二塁とする。ここで大垣日大の阪口慶三監督は先発の権田君を諦めて、2人目として同じ左腕の林晴真君を送り出す。しかし、林君に対しても大垣商は二死三塁から水野君、近澤君、吉田君と3連打してさらに2点を追加する。

 その裏、大垣日大は無死一三塁から渡辺峻君の中犠飛で1点を返す。しかし、その後の好機は走者がけん制で刺されるなどで潰えていった。
 6回に大垣日大は番からの好打順で角田君が右線三塁打、渡辺峻君も二塁打して連続長打で1点を返した。大垣日大としては、一気に追いつきたいところだったが、その後は水野君がよく踏ん張った。

 そしてポイントとなった8回。大垣商は一死二塁から田中克朋君が2ランを放ったかに思われたが、前走者が三塁ベースを踏み忘れたということで得点は1点のみ。その裏、やはりいくらか動揺があったのか四球と内野安打で塁を埋めてしまう。逃した1点が大きくのしかかるのかと思われるのかという雰囲気になってきた。みみで、おおがきしょうは、ここまで粘ってきた水野君を二塁へ戻して岩田君がリリーフ。死四球で押し出しの一点を与えてしまうが、その後は何とか抑える。9回も岩田君が3人で抑え、大垣商が逃げ切った。

 就任4年目で、8年ぶりの東海大会進出となった大垣商。有賀竜也監督は、「水野がよく踏ん張ったということが大きいですね。秘密兵器と言うつもりでいたのですが、その割には大垣北との試合の時に5イニング投げていますが、今日は先発でよく投げてくれました。東急のリズムがよかったと思います。守りも崩れなかったのが大きかった」と、しっかりと守れたことを評価していた。そして、前の試合が延長になって試合を待たされたことに関しても、「この前もそういうこともありましたから、前の試合が延長になってという場面での待ち方は慣れていましたから、それも初回のいい入りになったのかなと思います」と、コンディションよく試合に入れたことも大きかったと、勝因の一つとしていた。

 大垣日大は3位決定戦に回ることとなった。そして、次も大垣西が相手で、またまた大垣対決となる。

(文=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。