負けたけど、気迫で押した

精神論な話になってしまうが、格下と自覚しているチームが格上に対して、戦うには心の中で「負けるものか!」と思いながらプレーすることがとても大事であると思う。負けたくないという気持ちを持ち相手に向き合って勝負をすることは同じ大量点を取られても意義がある。また必要な策はすべて手を打つことも大事だ。本宮のエース江尻 拓矢(3年)は今春福島3位の学法石川相手に気迫で立ち向かった。

江尻は小柄だが、全身を目一杯使い、威力ある速球、スライダー、フォークのコンビネーションで抑えていく投球スタイル。攻めの姿勢で行かなければ彼の持ち味は発揮出来ない。自身のタイプを理解しており、懸命に腕を振っていた。

1回表、一死二塁のピンチを迎えたが、3番皆川 仁(3年)をフォークで空振り三振。4番はプロ注目のスラッガー瀬谷 謙輔にはストレートは1球のみであとはすべてスライダーで空振り三振。ピンチで3,4番を斬って取った時、江尻は雄叫びを上げていた。2回表も無失点に抑えた。

しかし3回表、学法石川は一死から1番藤田 昇司(3年)がライト前ヒットで出塁。2番藤田 和浩(3年)が送り、二死二塁となって、3番皆川は甘く入ったスライダーを見逃さず右中間を破る長打で、1点を先制。二死三塁となって4番瀬川が一塁へ高々とフライを上げた。上がりすぎて、内野手が打球を見失い、ファーストの手前で落ちる安打となった。これで2点目。瀬川はすかさず盗塁を決めて、二死二塁。5番大友 祥之(2年)が左中間を破る二塁打で、1点を追加し、二死一、二塁となって7番深谷 柊平(3年)の右前安打で4点目。江尻は一挙4点を失う。

3回に捕まったが、攻めの投球で、4回、5回も0点に抑え、6回表、二死二塁から藤田和からレフトの頭を超える二塁打を打たれて5点目。さらに7回にも押し出し、犠飛で2点を失い7失点。コールドの点差になってしまった。