集中打で試合を決める

白河旭須賀川桐陽の試合は白河旭の粘り強い戦いにより9回まで見離せない展開であったが、集中打で大量点を入れた須賀川桐陽が粘る白河旭が振り切った。

序盤は両チームのエース同士の投げ合いとなった。
最速135キロを計測する須賀川桐陽川村 尭(3年)は右の本格派らしい投球フォーム。セットポジションから左足を高々と上げて、右足は一本足で立ち、重心を沈みこんで、滑らかな体重移動で腕を振り抜く。回転の良い直球にスライダー、カーブのコンビネーションで投球を組み立て抑え込む。

白河旭の真鍋 裕貴(3年)は制球力が優れた右の本格派。130キロ前後のストレート、スライダー、カーブのコンビネーションを織り交ぜながら打ち取るスタイルだ。

先制したのは須賀川桐陽。3回裏に1番芳賀のセンター前ヒット、2番橋本直樹(3年)の犠打で一死二塁として3番小幡の四球で、一死一、二塁となって4番佐原 大輝(3年)のレフト前タイムリーで1点を先制する。さらに4回裏には二死満塁から3番小幡の押し出し四球、パスボール、エラー、押し出し、タイムリーなどで一挙5点を入れて、6対0。ここで真船は降板した。真船はストレートの質、変化球のキレなどは川村には決して劣っていない。ヒットが重なる時もあるし、決めに行ったボールが入らずに押し出しで失点を重ねる。内容が悪くなくても、どうにもならない時が必ずある。さらに傷口を広げないためには彼を変える必要があった。