歯痒さ残る大会屈指左腕

好投手揃いの今年の福島大会で、大きく注目を浴びているのが光南・佐藤 勇だ。左腕ながら最速143キロを計測し、切れ味鋭い変化球のコンビネーションで、三振の山を築く。この試合が今大会初の先発マウンドだ。

まず佐藤のフォーム。ノーワインドアップから始動し、重心を沈ませて、滑らかな体重移動を意識して、軸足を折り曲げて股関節に力を伝え、インステップ気味に踏み込んで、テークバックでトップに入った時にやや肘が下がり、そこから左腕を外旋させていく特徴的な投球フォーム。

最速143キロを計測すると言われるストレート。立ち上がりはまだ腕が振れていなかったが、3回頃からエンジンがかかり、力強い腕の振りから投じる威力ある速球が決まり始めた。特に右打者の懐を抉るクロスファイヤー。変化球は横滑りするスライダー、カーブ、フォーク。フォークの落差は中々のモノがあり、空振りを奪える代物だ。フォークも3回から割合を増やし、三振を量産していく。速球のキレ、威力、変化球のキレはスカウトから注目されるだけのモノはある。あとは勝てるピッチングが出来るか。

0点に抑えて波に乗っていきたいところだが、先制点を与えてしまう。3回裏に二死から死球、ヒット、四球で満塁となり、5番吉田が三塁ゴロをサードが弾いてしまい、タイムリーエラーで先制点を与えてしまう。エラーの失点だが、二死からピンチを招いたことが反省点だ。