2010年07月23日 開成山球場

聖光学院vs光南

2010年夏の大会 第92回福島大会 決勝

一覧へ戻る



優勝旗授与(聖光学院)


聖光学院4年連続7回目の甲子園決定

 4年連続か、4年ぶりか――。甲子園出場をかけた、東北地区最初の決勝戦は、福島・開成山球場で13時から行われた。

1回表、聖光学院の攻撃。主将で1番・村島大輔(3年)、2番・根本康一(3年)が連続三振に倒れた。光南のマウンドには2年生エース・柏村雄二。前日の準決勝では143球を投げ抜いているが、全くそれを感じさせない気迫のこもったピッチングだ。3番・山口宏希(3年)にはセカンド内野安打でしぶとく出塁を許したが、4番・遠藤 雅洋(2年)を1球でファーストゴロに仕留めた。準決勝までの5試合全てで、初回に得点してきた聖光学院のスコアボードにゼロが刻まれた。

 試合は4回まで0-0のまま進む。聖光学院はヒットが出るものの、なかなか得点に結びつけることができない。光南も、聖光学院の先発・歳内 宏明(2年)の140キロ前半の直球とスプリットの組み合わせにバットから快音は聞かれない。

 試合が動いたのは5回、この回先頭の星祐太郎(3年)がセンター前ヒットで出塁。8番・板倉皓太(3年)犠打で1死2塁。9番・歳内が四球を選び、村島がレフト前にヒットを放つ。板倉は3塁を回りかけたが、ストップ。1死満塁。聖光学院に、この日、最大のチャンスがやってきた。

 打席には2番・根本 康一。準決勝まで14打数4安打と当たってはいなかった。6月の県北支部選手権では「大会で初めて」という痛恨の落球。1点リードしていたが、2人がホームに還り、チームは1点差で負けた。準公式戦のため、県内の連勝記録は保たれたが、痛すぎるエラーだった。その根本が、「絞っていた」という初球の外角直球をバットの真芯で捉えた。打球は、グングンと伸びる。センターの頭を越えて、打球は芝生の上を転々。塁上にいた走者は全員、ホームイン。根本は三塁ベースに到達。「ベンチを見たら、みんなガッツポーズをしていて、よっしゃーと思った」と笑顔を見せた。

 歳内は被安打3、毎回の12奪三振。4回には三者連続空振り三振を奪うなど、危なげないピッチングを披露した。最後は滞空時間の長いレフトフライ。レフト・板倉がキャッチして聖光学院の4年連続甲子園が決まった。

 マウンド後方で喜びを爆発させる聖光の選手たち。秋と春の県大会優勝でも、今春の東北大会で初制覇しても、絶対に喜ばなかった彼らが、思いっきりはじけた。光南も本気で4年ぶりの甲子園を狙っていた。本気と本気のぶつかり合いが好ゲームを生み、勝敗をつけた。
校歌を歌い終え、スタンドにあいさつ行った後、斎藤智也監督は勝利の瞬間から涙を流していたキャプテンの村島を抱きしめた。横山博英部長も村島を抱き寄せた。

そして、斎藤監督はインタビューで開口一番、声を震わせてこう言った。
「村島にね、最後、喜びの涙を流させたいと思っていた。悔し涙とか、そういう思いばっかり。苦しんでいる顔ばかり見ていた。笑って、抱きしめてやりたかった」。

夏の甲子園に4年連続で出場を決めた聖光学院。それは、甲子園を目指すうえでしっかりとした活動があるからこそ。負けたチームがしていないわけではない。ただ、「聖光学院は強いから」と表面だけで見るのはいけない。勝ち続けている聖光学院は「勝って当たり前」と見られる中でも、活動してきた1日、1日にドラマがある。チームを作っていく上で、毎日、毎日、活動をしていれば、多くの試練がある。甲子園の切符をつかむまでに、どういう歩みをたどってきたか。

 スタンドにいる応援部員と、グラウンドにいるメンバーの部員がネット越しに喜びあっていた。これは例年通りの“恒例行事”のようだが、毎年見ている関係者は「いつもより、行くのが早い気がする」と言った。

部員が年々、増加している聖光学院。今年は120人だ。彼らを2人のコーチと共に指導する斎藤監督と横山部長だが、選手がインタビューを受けている時、斎藤監督はベンチに座って涙する横山部長の肩を揉んでいた。何年連続というのは、歴史の積み重ね。その代、その代の苦労を知っている指導者の目に光るもの、キャプテン・村島との抱擁、ネット越しの喜びが、簡単な道のりではなかったことを物語っていた。
甲子園に行くということは、そういうことなんだ。

(文=高橋 昌江




PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。