2011年07月14日 北九州市民球場

飯塚vs苅田工

2011年夏の大会 第93回福岡大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

古賀(飯塚)


大会屈指の右腕、上々のエコ試運転

福岡北部・Hパートの飯塚が、最後のシード校として登場した。
注目の福岡大会屈指の好右腕・猿渡が、苅田工打線相手に、七八分の力具合でのエコ投球ながらも、3回1安打3奪三振の無失点投球を見せた。ストレート主体にコントロールを意識し、打たせてとる内容で、いつもの強気のマウンドは封印した。

その中で、最後の打者に対するウイニングショットのみが、今日、唯一の力をこめた投球だった。ホップするような140キロ台ストレートで、責任投球回数だったと思われる3回の最後の打者を三振でしめた。初戦の先発とは思えぬ、いつもながらの威風堂々としたマウンドさばきは、大会での大活躍を期待させるものだった。

打線も、優勝候補としてのそつのなさをみせた。苅田工投手陣の制球が定まらない中、10四球を絡め、6安打10得点の効率のよい攻めだった。

野手の中で、攻守に際立ったのは、2年生・右翼手の古賀。猿渡の中学時代の所属チーム・竹友会ドラゴンズの後輩は、先輩譲りのセンスを兼ねそろえた選手だ。1回の守備では、テキサスヒットのあたりを好捕。打っては、8点目をたたき出す右越3塁打で2打点。1安打2四球とすべて出塁し、勝利に貢献した。

飯塚は、16日北九州市民球場にて、八幡南と県大会を目指し、パート決勝を戦う。チーム状態もよく、どのような戦いぶりを見せるか楽しみである。

(文=トマス)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
「捲土重来」を果たした江原佑哉(筑陽学園)の主将力に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
飯塚や西日本短大附、真颯館がベスト8へ!【九州地区高等学校野球福岡大会・23日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
折尾愛真vs飯塚【福岡県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北福岡大会】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第450回 飯塚高等学校(福岡)新チームは本気を共有できる【後編】【野球部訪問】
第449回 飯塚高等学校(福岡)新チームは本気を共有できる【前編】【野球部訪問】
第43回 みんな仲良し!飯塚(福岡)を支える5人のマネージャーたち!【頑張る!マネージャー】
飯塚vs英明【2015年 練習試合(交流試合)・春】
仙台育英vs飯塚【第94回全国高校野球選手権大会】
飯塚vs広島工【第94回全国高校野球選手権大会】
飯塚vs九州国際大付【福岡県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球福岡北部大会】
飯塚 【高校別データ】
苅田工 【高校別データ】
第93回福岡大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

福岡県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る