この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

主将の野田捕手が、公式戦初完投&1発含む4安打4打点、九州国際大附が6度目V



九州国際大附・野田海人が1回に2ランを放つ

 圧倒的な打力を誇って勝ち上がった九州国際大付と、左腕のリレーを中心に勝負強さで勝ち上がった福岡第一の決勝戦。福岡第一の投手陣が、どこまで九州国際大付打線を封じることができるかがカギだったが、予想外の一方的な展開となってしまった。

 福岡第一の先発は準決勝と同じく左腕の杉本響投手(2年)。緩急を活かした投球と制球力が武器だが、九州国際大付の主将の1発に沈んだ。先頭の黒田 義信が右前打で出塁すると、体重106キロ、チームメートから「ジャンボ」と呼ばれている4番の佐倉 侠史朗内野手(1年)が、一塁線を破るタイムリーで先制すると、5番野田 海人主将(2年)が、九州国際大付打線に火をつける1発を放った。スライダーを振り抜くと打球は北九州市民球場の左翼席上段で弾んだ。高校通算3本目は、優勝を狙うチームに大きく勢いをつけた。福岡第一先発の杉本は2回で降板。2番手の1年生・川波櫂人(かいと)にも容赦なく自慢の打撃を浴びせた。

 5回に3番大島 諄士(あつし)外野手(2年)がソロを放つと、7回には7番毛利 和暖(かずはる)捕手(2年)と、1番黒田 義信外野手(2年)がそれぞれ2ラン。この回6得点の猛攻だった。結局、野田主将が火をつけた打線は、4発15安打13得点を呼んで、13対1の圧勝。春に続いて2季連続6回目の優勝をチームにもたらした。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています